Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

尿路症状の概要

執筆者:

Anuja P. Shah

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

医学的にレビューされた 2019年 9月
プロフェッショナル版を見る

腎臓や尿路の病気(腎・泌尿器疾患)とは、腎臓(片側または両側)、尿管(片側または両側)、膀胱、尿道、さらに男性では前立腺、精巣(片側または両側)、精巣上体に生じる病気を指します。男性の生殖器系の異常は、多くの場合、 勃起の持続 持続勃起症 持続勃起症(プリアピズム)とは、性欲や興奮と無関係に勃起が持続し、痛みを伴う状態です。5~10歳の男児と20~50歳の成人男性に最も多くみられます。( 尿路症状の概要も参照のこと。) 陰茎は、空洞のある3つの円筒形の組織で構成されていて、その中を血液が流れるようになっています(勃起組織と呼ばれます)。そのうち大きい方の2本は1対の陰茎海綿... さらに読む 陰嚢痛 陰嚢痛 陰嚢(精巣を包んで保護している袋)の痛みは、新生児から高齢者まで、あらゆる年齢の男性で起こる可能性があります。精巣は非常に感受性が高いため、軽度のけがでも痛みや不快感を起こす可能性があります。 ( 尿路症状の概要を参照のこと。) 痛みは精巣に直接関連しているか、陰嚢、鼠径部、腹部の病気によって起こる場合があります。... さらに読む 陰嚢の腫れ 陰嚢の腫れ 片方または両方の陰嚢(精巣を包んで保護している袋)の腫れは、 尿路疾患の症状である場合があります。腫れは、わずかで陰嚢を入念に触診して初めて検出できる場合もあれば、極めて大きくなり外見から明らかな場合もあります。陰嚢の腫れを引き起こす病気には、同時に 陰嚢痛を引き起こすものもあります。... さらに読む 陰嚢の腫れ 、または 精液中の血液 血精液症 血精液症(精液中に精子とともに血液が混入すること)は、不安にさせる症状ですが、通常は重篤な異常の徴候ではありません。血精液症は、通常はがんの徴候ではなく、性機能にも影響を及ぼしません。 精液は、精巣上体からの精子と精嚢、前立腺、小さな粘液腺(精子に栄養を与える体液を供給する)からの体液で構成されています。そのため、これらの構造のいずれかが... さらに読む として現れます。

尿路の病気の中には、問題が深刻化するまで症状が現れにくいものもあります。具体的には以下のものがあります。

症状が現れても、非常にありふれた症状やあいまいな症状であるなど、腎臓との関連性が常に明らかであるとは限りません。例えば、進行した腎不全で、全身のだるさ(けん怠感)、食欲不振、吐き気などが唯一の症状になる場合があります。高齢者では、感染症や腎不全で最初に認識される症状が精神錯乱となる場合もあります。

腎臓や尿路に問題がある可能性が高い症状としては、以下のものがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP