Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

尿路症状の概要

執筆者:

Anuja P. Shah

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

腎臓や尿路の病気(腎・泌尿器疾患)とは、腎臓(片側または両側)、尿管(片側または両側)、膀胱、尿道、さらに男性では前立腺、精巣(片側または両側)、精巣上体に生じる病気を指します。

尿路の病気の中には、問題が深刻化するまで症状が現れにくいものもあります。具体的には以下のものがあります。

症状が現れても、非常にありふれた症状やあいまいな症状であるなど、腎臓との関連性が常に明らかであるとは限りません。例えば、進行した腎不全で、全身のだるさ(けん怠感)、食欲不振、吐き気などが唯一の症状になる場合があります。高齢者では、感染症や腎不全で最初に認識される症状が精神錯乱となる場合もあります。

腎臓や尿路に問題がある可能性が高い症状としては、以下のものがあります。

失禁は、排尿をコントロールできない状態のことで、様々な原因で発生します。

腎臓と尿路の生物学も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP