Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

尿意切迫

執筆者:

Anuja P. Shah

, MD, David Geffen School of Medicine at UCLA

医学的にレビューされた 2019年 9月
プロフェッショナル版を見る

尿意切迫とは、耐えがたい尿意を覚える症状のことで、ほぼ絶え間なく続く苦痛を伴ういきみ(しぶり腹またはテネスムス)のように感じられる場合もあり、膀胱への刺激によって発生することがあります。すぐに排尿しなければ、 尿失禁 成人の尿失禁 尿失禁とは、自分では意図せずに尿が漏れることです。 尿失禁は、男女とも年齢を問わず起きる可能性がありますが、女性と高齢者でより多くみられ、高齢女性の約30%、高齢男性の約15%が尿失禁を起こしています。尿失禁は高齢者でより多くみられるものの、加齢に伴う正常な変化の一部ではありません。尿失禁は、利尿効果のある薬を服用した場合のように突然で一時的なこともあれば、長期にわたって持続すること(慢性)もあります。慢性の尿失禁であっても、ときに軽減... さらに読む 成人の尿失禁 につながることもあります。尿意切迫は膀胱の感染症が原因で生じることがあります。カフェインやアルコールの摂取も尿意切迫の一因となりますが、それだけで重い尿意切迫になることはめったにありません。まれではありますが、膀胱の炎症(間質性膀胱炎 間質性膀胱炎 間質性膀胱炎は感染によらない膀胱炎です。 間質性膀胱炎では、痛みが膀胱の上部、骨盤内、下腹部に起こり、頻尿と尿意切迫が起き、ときに尿失禁もみられます。 内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)で膀胱の内部を観察し(膀胱鏡検査)、膀胱の生検を行う必要があります。 治癒が得られる治療法はありませんが、食事と排尿習慣の改善、痛みを軽減する薬、ペントサンにより症状を緩和することはできます。... さらに読む )が原因になる場合もあります。

尿意切迫の原因は通常、症状と身体診察および 尿検査 尿検査と尿培養検査 尿検査は、検尿とも呼ばれ、 腎疾患や尿路疾患の評価で必要になる場合があり、糖尿病や肝障害などの全身疾患を評価するのにも役立ちます。通常、尿のサンプルは中間尿採取法など、雑菌が混入しない方法(無菌法)で採取されます。例えば、汚染のないきれいな尿サンプルを採取する方法として、カテーテルを尿道から膀胱まで挿入する方法もあります。 尿培養は、採取した尿のサンプルに含まれる細菌を検査室で増殖させる検査で、... さらに読む 尿検査と尿培養検査 の結果から特定できます。感染症が疑われる場合は、 尿培養検査 尿検査と尿培養検査 尿検査は、検尿とも呼ばれ、 腎疾患や尿路疾患の評価で必要になる場合があり、糖尿病や肝障害などの全身疾患を評価するのにも役立ちます。通常、尿のサンプルは中間尿採取法など、雑菌が混入しない方法(無菌法)で採取されます。例えば、汚染のないきれいな尿サンプルを採取する方法として、カテーテルを尿道から膀胱まで挿入する方法もあります。 尿培養は、採取した尿のサンプルに含まれる細菌を検査室で増殖させる検査で、... さらに読む 尿検査と尿培養検査 が必要になることもあります。ときに、 膀胱鏡検査 膀胱鏡検査 膀胱および尿道の病気(例えば、 膀胱腫瘍、 膀胱結石、 前立腺肥大症)の中には、観察用の柔軟な管状の機器(膀胱鏡という内視鏡の一種)による観察で診断できるものもあります。膀胱鏡は鉛筆ほどの太さをした内視鏡で、実際に尿道と膀胱の内部に挿入されるのは15~30センチメートルほどの部分です。膀胱鏡の多くはライトと小さなカメラが内蔵されているファイバースコープで、それにより膀胱と尿道の内部を観察することができます。先端部に物をはさむための器具が... さらに読む (観察用の柔軟な管状の機器を膀胱に挿入する検査)や 膀胱の生検 膀胱生検 膀胱や尿路の病気が疑われる場合の評価には、部位に応じた生検や細胞を採取する検査も用いられます。( 尿路の概要も参照のこと。) 腎生検(腎臓の組織サンプルを採取して顕微鏡で観察する検査)は主に、腎臓の特殊な血管(糸球体)や微細な管(尿細管)が障害される病気の診断と、 急性腎障害のまれな原因の診断に用いられます。生検はまた、移植された腎臓で拒絶反応の徴候がないかを調べる目的でもしばしば行われます。... さらに読む が行われることもあり、特に間質性膀胱炎が疑われる場合によく行われます。

医師は尿意切迫の原因を治療します。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP