Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

腎不全の概要

執筆者:

Anna Malkina

, MD, University of California, San Francisco

医学的にレビューされた 2020年 3月
プロフェッショナル版を見る

腎不全とは、血液をろ過して老廃物を取り除く腎臓の機能が十分に働かなくなった状態のことです。

腎不全の原因としては、様々なものが考えられます。腎機能が急激に低下する場合(急性腎障害 急性腎障害 急性腎障害では、血液をろ過して老廃物を除去する腎臓の能力が急速に(数日から数週間のうちに)低下します。 その原因には、腎臓への血流が減少する状態、腎臓そのものが傷つく状態、腎臓からの尿の排出が妨げられる状態などが挙げられます。 症状としては、腫れ、吐き気、疲労、かゆみ、呼吸困難などのほか、急性腎障害を引き起こしている病気の症状もみられます... さらに読む 、急性腎不全とも呼ばれます)もあれば、ゆっくりと低下していく場合(慢性腎臓病 慢性腎臓病 慢性腎臓病では、血液をろ過して老廃物を除去する腎臓の能力が、数カ月から数年かけて徐々に低下します。 主な原因は糖尿病と高血圧です。 血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 症状としては、夜間の排尿、疲労、吐き気、かゆみ、筋肉のひきつりやけいれん、食欲不振、錯乱、呼吸困難、体のむ... さらに読む 、慢性腎不全とも呼ばれます)もあります。腎不全になると、腎臓は血液をろ過して老廃物(クレアチニンや尿素窒素など)を除去することができなくなるだけでなく、体内の水分の量とその配分(水分バランス 体内の水分について 水分は体重の約半分から3分の2を占めます。脂肪組織は筋組織より水分の割合が少なく、女性は脂肪が多い傾向があるため、平均的な女性で水分が体重に占める割合は男性より低くなります(男性が60%に対して女性は52~55%)。高齢者や肥満の人も水分が体重に占める割合が低く、反対に出生時や乳幼児期では水分が体重に占める割合が高く(70%)なります。7... さらに読む )を調節する能力や血液中の 電解質 電解質の概要 人の体内の水分量は体重の2分の1をはるかに上回ります。体内の水分は様々な空間(体液コンパートメントと呼ばれています)に制限されて存在していると考えられています。主に次の3つのコンパートメントがあります。 細胞内の体液 細胞の周囲の体液 血液 体が正常に機能するには、これらの各領域で体液量が偏らないようにする必要があります。 さらに読む (ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン)や 酸塩基平衡の概要 酸性度とアルカリ性度は、血液の重要な特性の1つです。血液を含むあらゆる溶液の酸性度やアルカリ性度は、pH値で表します。pH値は、0(強酸性)から14(強塩基性または強アルカリ性)までの範囲で表します。中間のpH7.0が中性です。正常な血液はわずかに塩基性で、血液のpH値の正常範囲はおよそ7... さらに読む の濃度を調節する能力も低下します。

腎不全がしばらく持続すると、しばしば血圧が上昇します。さらに、新しい赤血球の生産を促すホルモン(エリスロポエチン)が腎臓から十分に分泌されなくなり、その結果として赤血球数が減少します(貧血 貧血の概要 貧血とは、赤血球の数が少ない状態をいいます。 赤血球には、肺から酸素を運び、全身の組織に届けることを可能にしているヘモグロビンというタンパク質が含まれています。赤血球数が減少すると、血液は酸素を十分に供給できなくなります。組織に酸素が十分に供給されないと、貧血の症状が現れます。... さらに読む )。また腎臓では、骨の健康に欠かせないカルシトリオール(活性型ビタミンD)を十分に作り出すこともできなくなります。小児の腎不全では、骨の発育にも影響が及びます。また小児であれ成人であれ、腎不全により骨が弱くなることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP