Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

排尿のコントロール

執筆者:

Patrick J. Shenot

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

腎臓では絶えず尿が作られており、尿は2本の管(尿管)を通って膀胱に流れ込み、そこで一時的に貯められます( 尿路の構造)。膀胱の一番下の頸部と呼ばれる部分は尿道括約筋という筋肉に囲まれていて、普段はこの筋肉が収縮した状態を維持することによって、尿が体外に排出される通路(尿道)が閉鎖されているため、膀胱が満杯になるまで尿を貯めることができます。

膀胱が満杯になると、その情報が膀胱から神経を通って脊髄に伝わります。その情報はさらに脳へと伝達され、それによって人は尿意を自覚します。排尿をコントロールできている人であれば、すぐに膀胱から尿を出すか、もう少し我慢するかを自分の意思で決めることができます。排尿することに決めると、括約筋が緩み、尿が尿道を通って流れ出ていくのと同時に、膀胱の壁の筋肉が収縮して尿を体外へと押し出します。さらに腹壁と骨盤底の筋肉を意識的に収縮させることで、膀胱にかかる圧力をさらに高めます。

排尿のコントロールを妨げることのある病気は数多くありますが、例えば以下のものが挙げられます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP