Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

無症候性細菌尿

執筆者:

Talha H. Imam

, MD, University of Riverside School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

無症候性細菌尿とは、何の症状も認められないにもかかわらず、正常時にはみられない数の細菌が尿中に認められる状態です。

尿路感染症の概要も参照のこと。)

無症候性細菌尿は、長期間にわたって膀胱カテーテルを挿入されている人など、特定のグループでよくみられます。無症候性細菌尿では、尿中の細菌を根絶することは困難である場合が多く、また合併症の発生もまれであることから、通常は何の治療も行われません。また、抗菌薬の投与が体内の細菌のバランスを乱し、その結果、ときとして一部の細菌を異常に繁殖させ、排除がさらに困難になる場合もあります。

知っていますか?

  • 尿中に異常な数の細菌が認められるものの何の症状も認められない人には、ほとんどの場合、治療の必要はありません。

ただし、その人に尿路感染症の発生が特に危険視されるような状態がある場合は例外です。例えば、次のよう状態があります。

  • 妊娠

  • 腎移植患者

  • 免疫機能を低下させる病態(エイズ、特定のがん、白血球数の減少など)がある

  • 膀胱から尿管への重度の尿逆流がある幼児

  • 尿路の出血につながりうる特定の侵襲的(体に負担をかける)な手術(例えば、経尿道的前立腺切除術)の前

例えば、妊娠中の女性に膀胱炎が発生すると、感染が腎臓に波及することで腎臓に感染(腎盂腎炎)が起きることがあり、それにより重度の妊娠合併症が発生して、早産につながる可能性もあります。また、尿路感染症により移植腎に損傷が生じる可能性があります。また薬剤や病気によって免疫系が抑制されている場合には、尿路感染症は、死に至るおそれのある血流感染症に発展する可能性もあります。がんに対する化学療法の後にも免疫系が抑制されることがあります。また、除去することができない特定の種類の腎結石がみられ、それにより尿路感染症が繰り返し引き起こされる場合や、尿路に対する手術が予定されている場合にも、無症候性細菌尿に対して治療が行われることがあります。

無症候性細菌尿は通常は治療の対象にならないことから、治療が必要になる条件を患者が満たしていない限り、無症候性細菌尿を特定するための検査は一般的には行われません。細菌尿の確定は、尿培養検査(採取した尿を臨床検査室で培養して細菌の数と種類を特定します)で行えます。治療が必要と判断された場合は、抗菌薬療法を行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP