Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

先天性嚢胞性異形成腎

執筆者:

Navin Jaipaul

, MD, MHS, Loma Linda University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

先天性嚢胞性異形成腎は、腎臓または尿路に生じる先天異常の幅広いカテゴリーであり、この病気によって尿の流れがせき止められる場合があります。

先天性嚢胞性異形成腎は片側または両側の腎臓に影響を及ぼします。先天性嚢胞性異形成腎は、単独の先天異常として発生する場合もあれば、ある症候群の一部として他の異常とともに生じる場合もあります。尿管や膀胱、まれに尿道、精巣、腹壁筋など、尿路の他の部分にも異常が生じる場合があります。( 尿路の構造。)

腎組織の損傷が大きければ、慢性腎臓病(CKD)になり、ときに症状が現れ、しばしば発育が遅れます。先天性嚢胞性異形成腎は、出生前の定期的な超音波検査や、幼少期に腎臓と関係のない理由で行われた超音波検査で見つかるのが一般的です。

影響を受けず正常に機能する腎組織がどの程度あるのか判断が難しいため、予後(経過の見通し)を予測することは極めて困難です。

治療としては、必要に応じて、合併している尿路の異常を修復する手術を行います。慢性腎臓病が末期腎不全(末期腎臓病)に進行した場合は、透析または腎移植が必要になることがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP