Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

薬と肝臓

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

薬が作用を発揮して体外に排除されるまでの過程では、体内で薬が化学的に処理(すなわち代謝)される必要があり、そうした処理のほとんどは、肝臓において肝酵素の働きによって進行します。そのため、薬と肝臓は以下のように互いに影響しあうことがあります。

  • 肝疾患があると、薬の代謝が変化することがあります。

  • 一部の薬は、肝臓に損傷を与えることがあります。

  • 多くの要因(食物、遺伝子構成、他の薬の使用など)が肝臓での薬の代謝(薬物代謝)に影響を及ぼす可能性があります( 薬に対する反応に影響する因子)。

薬そのものが他の薬に対する肝臓での代謝速度に影響を及ぼすこともあります。薬物代謝が速くなれば、期待された効果を発揮する前に薬が分解され、排泄されてしまう可能性があります。薬物代謝が遅くなると、副作用が起こる可能性が高まります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP