Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肝疾患の薬への影響

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肝疾患はしばしば、以下の点に影響を及ぼすことで体に対する薬の作用を変化させます。

  • 薬が腸から吸収される量

  • 肝臓での薬物代謝の速さと程度(例えば薬を活性型[体に影響を及ぼす形態]または不活性型[体に影響を及ぼさない形態]に変化させる場合)

  • 全身に運ばれる薬の量

  • 薬が体から排除される速さ

  • 薬の効果に対する体の感受性

薬と肝臓も参照のこと。)

肝疾患の薬への影響は、投与される薬によって異なります。肝疾患によって効果が増大する薬もあれば、減弱する薬もあります。薬を不活性化する肝臓の能力が低くなれば、薬の効果は増大します。薬を活性型に変える肝臓の能力が低下した場合、または薬を吸収もしくは全身に運ぶ体の能力が肝疾患によって低下した場合は、薬の効果が減弱します。

慢性肝疾患があると、たとえこの病気によって体内の薬の量が増えたわけでなくても、ある種の薬の効果に、より敏感になることがあります。例えば、肝疾患の患者がオピオイド鎮痛薬(モルヒネなど)や鎮静薬(ロラゼパムなど)を少量でも服用すれば、精神機能が低下し、見当識を失って混乱し、意識清明度が低下することがあります。このように精神機能が低下する理由はおそらく、肝疾患の影響で脳がこれらの薬の作用に敏感になっているためと考えられます。

肝疾患は複雑なため、疾患が特定の薬に与える影響を、医師はほとんど予測できません。したがって、肝疾患の患者のために薬の用量を調整するのは、困難なことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP