Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

胆石のない胆道痛

執筆者:

Ali A. Siddiqui

, MD, Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ときには胆石がない患者や、超音波検査で検出できないほど小さな胆石しかない患者でも、胆石に似た痛みが生じることがあります。これを無石性胆道痛(acalculous biliary pain)と呼びます。

胆嚢と胆管の病気の概要も参照のこと。)

無石性胆道痛は、若い女性の間で最もよくみられます。

この病気は、胆汁(胆嚢で作られる)がいつも通り胆管を通って小腸に入らない場合に生じる可能性があります。胆汁の流れが遅くなったり、妨げられたりする理由として、以下のものが挙げられます。

  • 胆石がある(超音波検査で検出できないほど小さなものを含む)。

  • 理由は不明だが、正常に胆嚢が空にならない。

  • 胆道または小腸が過度に敏感になっている。

  • 総胆管や膵管と小腸との間にある輪状の筋肉(オッディ括約筋)が機能していない。

  • 胆石が胆管をふさいでいたが、発見される前に胆管を通り過ぎた。

無石性胆道痛がある患者の一部は、最終的には消化管に別の原因不明(機能性)の病気を発症します。

胆道痛があるにもかかわらず超音波検査で胆石がみられない場合に、この病気が疑われます。

診断を確定する最善の方法は、よく分かっていません。通常、胆嚢を収縮させる薬を投与してから、核医学検査の一種である胆道シンチグラフィー検査が行われます。胆嚢が十分に収縮しない場合は、胆嚢を摘出することによって症状が改善することがあります。

胆嚢を摘出する手術(胆嚢摘出術)では、通常は腹腔鏡(観察用の柔軟な管状の機器)が使用されます。この方法では、腹部を小さく切開し、そこから腹腔鏡と手術器具を挿入し、手術器具で胆嚢を摘出します。

超音波検査で検出できないほど小さな胆石による症状も、胆嚢摘出術によって解消する可能性があります。

薬物療法の効果は証明されていません。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP