Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肝臓、胆嚢、胆管疾患の診断に関する序

執筆者:

Nicholas T. Orfanidis

, MD, Thomas Jefferson University Hospital

最終査読/改訂年月 2017年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肝臓、胆嚢、および胆管(肝臓と胆嚢をつなぐ管で、胆汁を運ぶ— 肝臓と胆嚢の概要)の病気の評価には、様々な診断検査が役立ちます。中でも、肝機能検査と呼ばれる一連の血液検査は特に重要です。

肝臓と胆嚢の概観

肝臓と胆嚢の概観

医師は、疑われる病気に応じて、超音波検査やCT検査、あるいはMRIまたはX線撮影を用いた胆管造影検査などの画像検査を指示します。また、肝臓から組織サンプルを採取して顕微鏡で調べる検査を行うこともあり、これは肝生検と呼ばれます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP