Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

転移性肝臓がん

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

転移性肝臓がんは、肝臓以外の部位で発生したがんが肝臓に転移してきたものです。

  • 最初の症状として、体重減少と食欲不振がみられることがあります。

  • 診断は血液検査の結果と通常は生検の結果に基づいて下されます。

  • 化学療法薬と放射線療法は症状の軽減に役立ちますが、がんが治癒することはありません。

肝腫瘍の概要も参照のこと。)

転移性肝臓がんの多くは、もともとは、肺、乳房、大腸、膵臓、または胃に由来するものです。白血病(白血球のがん)やリンパ腫(リンパ系のがん)、特にホジキンリンパ腫が肝臓に広がることもあります。

元の腫瘍(原発巣)から離れたがん細胞は、しばしば血流に入って全身に運ばれますが、肝臓では体全体に流れる血液の大部分をろ過しているため、肝臓はがんが転移しやすい臓器となっています。転移性肝臓がんの発見が、がんと診断される最初のきっかけとなることもあります。

症状

初期症状は多くの場合、漠然としています。体重減少や食欲不振のほか、ときに発熱がみられます。典型的には、肝臓が腫大して硬くなります。圧痛がみられ、表面がごつごつすることもあります。ときに脾臓が腫大することもあり、特にがんが最初に膵臓で発生した場合にみられます。最初のうちは、がんが胆管をふさいでいない限り、黄疸(皮膚や白眼の部分が黄色くなる症状)はないか、あっても軽度です。がんが進行すると、内部に体液がたまることで腹部が膨張します(腹水と呼ばれる状態)。

終末期の数週間は、次第に黄疸が悪化します。肝臓が大きな損傷を受けて血液中の毒素を除去できなくなるため、脳に有害物質が蓄積することで、錯乱や眠気が生じることがあります。この病態は肝性脳症と呼ばれます。

知っていますか?

  • 転移性の肝臓がんの発見が、体内の他の部位に発生したがんの最初の徴候となる場合もあります。

診断

  • 肝臓の画像検査

体重が減少していて肝臓の腫大がみられる患者や、肝臓に転移しやすいがんの存在が判明している患者では、転移性肝臓がんが疑われることがあります。しかし、多くの場合、がんの診断は進行するまで困難です。

医師が肝臓がんを疑った場合は、単純な血液検査である肝機能検査を行って、肝臓がどの程度機能しているかを評価します。異常な結果が得られる可能性がありますが、肝臓がんに限らず様々な病気で異常がみられるため、この検査の結果でがんの診断を確定することはできません。がんの検出には通常、超音波検査が役立ちますが、肝臓のCT検査やMRI検査ではもっと正確な結果が得られます。CTまたはMRI検査を行う前に、造影剤を静脈に注射します。造影剤を使用することで、異常があれば発見が容易になります( 肝臓と胆嚢の画像検査)。しかし、画像検査では、小さな腫瘍を常に検出できるわけではなく、がんを肝硬変など他の異常と常に区別できるとは限りません。

画像検査を行っても診断がはっきりしない場合や、治療法を決定するのにさらなる情報が必要な場合は、肝生検(針で肝臓から小さな組織サンプルを採取して顕微鏡で観察する検査)を行います。がん組織を採取できる可能性を高めるため、多くの場合、超音波画像またはCT画像を頼りに位置を確認しながら生検の針を挿入します。また、確実にがん組織を特定し採取できるよう、腹部の小さな切開創から腹腔鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を挿入することもあります。

治療

  • 化学療法

  • 放射線

  • 手術

治療法は、がんの広がりと最初に発生したがんの種類によって異なります。選択肢としては以下のものがあります。

  • 化学療法薬:腫瘍を一時的に小さくし、延命を図るために薬を使用しますが、この方法で治癒することはありません。肝臓の主要な動脈(肝動脈)に化学療法薬を注入し、大量の薬を肝臓のがん細胞に直接送達することもあります。この方法では、体の他の部位に薬が届きにくいため、副作用は少なく軽度です。

  • 肝臓に対する放射線療法:この治療法では、進行したがんによる重度の痛みが軽減されることがありますが、それ以外では有益な効果はほとんどありません。

  • 手術:肝臓に認められる腫瘍が少数であれば、手術で切除することがあり、特に腸から転移したがんの場合は、この方法がしばしば選択されます。ただし、この手術の意義については専門家の間でも異論があります。

最初に発生したがんが白血病またはリンパ腫である場合は、そのがんに治療の焦点が置かれます。

がんが広範囲に転移している場合は、通常は症状を軽減することしかできません( 致死的な病気で生じる症状)。治療方針に関する決定を下せなくなる場合に備えて、あらかじめ事前指示書を作成することで、どのような治療を望むかを表明しておくことができます。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP