Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肝腫瘍の概要

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肝臓の腫瘍(肝腫瘍)には、がんではない良性腫瘍と、がんである悪性腫瘍があります。

肝臓の悪性腫瘍は、原発性(肝臓から発生したもの)と転移性(他の部位から肝臓に転移してきたもの)に分類されます。ほとんどの肝臓がんは転移性です。体の各部で発生した腫瘍から離れたがん細胞は、しばしば血流に入って全身に運ばれますが、肝臓では体全体に流れる血液の大部分をろ過しているため、肝臓はがんが転移しやすい臓器となっています。

肝臓の良性腫瘍は比較的よくみられますが、通常は症状を引き起こしません。しかしまれに、それらの腫瘍が右上腹部の不快感、肝臓の腫大、または腹腔内出血(肝臓から腹腔への出血)を引き起こします。良性の肝腫瘍には以下のものがあります。

ほとんどの良性腫瘍は、別の理由で超音波検査、CT検査、MRI検査などの画像検査が行われた際に発見されます。肝臓に良性腫瘍があっても、多くの場合、肝臓は正常に機能します。したがって、肝機能を評価する血液検査の結果は、通常正常です。治療は必要なこともあれば不要なこともあります。

知っていますか?

  • ほとんどの肝臓がんは、肝臓以外の部位で発生したものです。

  • 良性の肝腫瘍のほとんどは、別の理由で超音波検査などの画像検査が行われた際に偶然発見されます。

嚢胞

肝臓に液体で満たされた袋状の病変(嚢胞)ができることがあります。ほとんどの嚢胞は症状や健康上の問題を引き起こさず、通常は画像検査で偶然発見されます。

まれに、生まれつき肝臓に多くの嚢胞(多嚢胞性肝疾患と呼ばれる病気)がある人もいます。このような人では、他の臓器にも複数の嚢胞がみられるのが通常で、腎臓に多数の嚢胞がみられる多発性嚢胞腎という病気の場合もあります。肝臓は腫大しますが、通常は良好な機能を維持します。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP