Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

肝細胞腺腫

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

肝細胞腺腫は比較的まれな肝臓の良性腫瘍ですが、がんと間違われることがあります。まれに、破裂して出血したり、がん化したりすることがあります。

この種の腫瘍は通常、症状を引き起こさないため、大半が発見されることはありません。腺腫が大きくなると、右上腹部に痛みが生じることがあります。まれに、肝細胞腺腫が突然破裂して腹腔内に出血を起こし、緊急手術が必要になることがあります。ごくまれですが、がん化することがます。

腺腫は通常、超音波検査、CT検査、MRI検査などの 画像検査 肝臓と胆嚢の画像検査 肝臓、胆嚢、胆管の画像検査には、超音波検査、核医学検査、CT検査、MRI検査、内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査、経皮経肝胆道造影、術中胆道造影、単純X線検査などがあります。 超音波検査では、音波を利用して肝臓や胆嚢、胆管を画像化します。経腹超音波検査は、肝硬変(肝臓の重度の瘢痕化)や脂肪肝(肝臓に過剰な脂肪が蓄積している状態)など肝臓全体を一様に侵す異常よりも、腫瘍など肝臓の特定の部分だけを侵す構造的な異常の検出に優れています。これは、胆... さらに読む で異常がみられる場合に疑われます。診断を確定するために、 生検 肝生検 肝臓の組織サンプルは、試験開腹中に採取することもありますが、多くの場合、皮膚から肝臓に中空の針を刺す方法で採取します。このタイプの生検は、経皮的肝生検と呼ばれます。また、経静脈的肝生検と呼ばれる生検の方法もあります。 肝生検では、他の検査で得られない肝臓の情報を検出することができます。肝生検は、肝臓の過剰な脂肪(脂肪肝)、慢性的な肝臓の炎症(慢性肝炎)、ウィルソン病(銅が過剰に蓄積する病気)やヘモクロマトーシス(鉄が過剰に蓄積する病気)... さらに読む が必要になることがあります。

経口避妊薬に起因する肝細胞腺腫は、薬の服用をやめると消失することがあります。腺腫が大きい場合や肝臓の表面付近にある場合は、出血やがん化のリスクがあるため、手術が推奨されることがあります。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP