Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肝細胞腺腫

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肝細胞腺腫は比較的まれな肝臓の良性腫瘍ですが、がんと間違われることがあります。まれに、破裂して出血したり、がん化したりすることがあります。

肝腫瘍の概要も参照のこと。)

肝細胞腺腫は主に妊娠可能年齢の女性にみられ、特に経口避妊薬を服用している女性によく発生します。

この種の腫瘍は通常、症状を引き起こさないため、大半が発見されることはありません。腺腫が大きくなると、右上腹部に痛みが生じることがあります。まれに、肝細胞腺腫が突然破裂して腹腔内に出血を起こし、緊急手術が必要になることがあります。ごくまれですが、がん化することがます。

腺腫は通常、超音波検査、CT検査、MRI検査などの画像検査で異常がみられる場合に疑われます。診断を確定するために、生検が必要になることがあります。

経口避妊薬に起因する肝細胞腺腫は、薬の服用をやめると消失することがあります。腺腫が大きい場合や肝臓の表面付近にある場合は、出血やがん化のリスクがあるため、手術が推奨されることがあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP