Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

原発性肝臓がん

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

その他の原発性肝臓がん

胆管がん

胆管がんの症状は漠然としていることが多く、健康状態の急激な悪化や、右上腹部のかたまり、黄疸(皮膚や白眼の部分が黄色くなる症状)、体重減少、腹部の不快感などがみられます。

特殊な肝細胞がん:fibrolamellar carcinoma

これは肝細胞がんの一種で、まれな病気です。通常は比較的若い成人に発生します。先行する肝硬変やB型またはC型肝炎によって発生するものではなく、その他の危険因子も知られていません。

Fibrolamellar carcinomaの患者は通常、他の種類の肝細胞がんの患者よりも経過が良好です。このがんを切除すれば、多くの人が数年にわたって生存します。

肝芽腫

全身的な健康状態が悪化し、右上腹部にかたまりを触れることがあります。

血管肉腫

これは肝臓の血管から発生するまれながんです。血管肉腫は、ポリ塩化ビニル(PVC)の製造業務に従事する人が作業中に塩化ビニルにさらされることで起こる可能性があるほか、ヒ素への曝露が原因になることもあります。しかし多くの場合、原因を特定できません。

診断

  • 身体診察

  • 血液検査と画像検査

  • ときに肝生検

肝臓の外にある胆管がんの診断は、特殊なX線検査( MRI検査 MRI検査 肝臓、胆嚢、胆管の画像検査には、超音波検査、核医学検査、CT検査、MRI検査、内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査、経皮経肝胆道造影、術中胆道造影、単純X線検査などがあります。 超音波検査では、音波を利用して肝臓や胆嚢、胆管を画像化します。経腹超音波検査は、肝硬変(肝臓の重度の瘢痕化)や脂肪肝(肝臓に過剰な脂肪が蓄積している状態)など肝臓全体を一様に侵す異常よりも、腫瘍など肝臓の特定の部分だけを侵す構造的な異常の検出に優れています。これは、胆... さらに読む 内視鏡的逆行性胆道膵管造影 内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査 肝臓、胆嚢、胆管の画像検査には、超音波検査、核医学検査、CT検査、MRI検査、内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査、経皮経肝胆道造影、術中胆道造影、単純X線検査などがあります。 超音波検査では、音波を利用して肝臓や胆嚢、胆管を画像化します。経腹超音波検査は、肝硬変(肝臓の重度の瘢痕化)や脂肪肝(肝臓に過剰な脂肪が蓄積している状態)など肝臓全体を一様に侵す異常よりも、腫瘍など肝臓の特定の部分だけを侵す構造的な異常の検出に優れています。これは、胆... さらに読む [ERCP]検査、 経皮経肝胆道造影検査 経皮経肝胆道造影検査 肝臓、胆嚢、胆管の画像検査には、超音波検査、核医学検査、CT検査、MRI検査、内視鏡的逆行性胆道膵管造影検査、経皮経肝胆道造影、術中胆道造影、単純X線検査などがあります。 超音波検査では、音波を利用して肝臓や胆嚢、胆管を画像化します。経腹超音波検査は、肝硬変(肝臓の重度の瘢痕化)や脂肪肝(肝臓に過剰な脂肪が蓄積している状態)など肝臓全体を一様に侵す異常よりも、腫瘍など肝臓の特定の部分だけを侵す構造的な異常の検出に優れています。これは、胆... さらに読む など)か手術によって下されるのが通常です。これらのがんになった人の3分の2では、がんが発見されたときにはすでに近くのリンパ節に広がっています。

治療

  • がんの外科的切除

治療はほとんど効果がなく、大半の患者はがんが見つかってから数カ月以内に死亡します。しかし、がんが比較的早期に発見されれば、腫瘍を手術で切除することで、長期間の生存が得られる可能性があります。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP