Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肝臓の線維化と肝硬変の概要

執筆者:

Jesse M. Civan

, MD, Thomas Jefferson University Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

肝臓に損傷が起きる病気には様々なものがあります。損傷が突然生じたもの(急性)で限局的であれば、肝臓の細胞(肝細胞)が死んで、残された網目状の結合組織(内部構造)に新しくできた肝細胞が付着することで、肝臓の自己修復が進みます。十分に長く生き延びれば、肝臓は修復され、完全に回復します。しかし、損傷が繰り返されると、肝臓は損傷した組織を新しい組織で置き換えることで修復するようになり、その結果として瘢痕が生じます(線維化)。瘢痕組織は何の機能も果たさず、肝臓の内部構造を歪めてしまうことがあります。瘢痕と歪みが広範囲に及ぶと、肝硬変が発生します。したがって、線維化と肝硬変は、特定の病気というより、肝傷害を引き起こした別の病気の結果といえます。

米国における肝硬変の最も一般的な原因は以下のものです。

原発性胆汁性胆管炎などでみられる胆管の閉塞も肝硬変の原因の1つです。

通常、肝疾患の発症から肝硬変が発生するまでには6カ月以上(たいていは年単位)の期間を要しますが、肝移植を受けた人と胆道閉鎖症の乳児では、より急速に肝硬変が発生する可能性があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP