Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

肝臓と胆嚢の概要

執筆者:

Ali A. Siddiqui

, MD, Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

肝臓 肝臓 肝臓は、くさび形をした体内で最も大きな臓器で、いくつかの点で、最も複雑な働きを担っています。肝臓は、いわば化学工場のような役割を果たしており、体内の化学物質の量の調節から、出血が起こったときの凝固因子(血液を凝固させる物質)の生産まで、生命維持に必要な多くの機能を発揮しています。(肝臓と胆嚢の概要も参照のこと。)... さらに読む 胆嚢 胆嚢と胆管 胆嚢は、洋ナシのような形をした、筋肉でできた小さな袋状の臓器で、胆汁を蓄える機能があり、胆道と呼ばれる管で肝臓とつながっています。(肝臓と胆嚢の概要も参照のこと。) 胆汁(たんじゅう)は緑がかった黄色の粘り気のある液体です。胆汁には、胆汁酸塩、電解質(ナトリウムや重炭酸塩など可溶性の荷電粒子)、胆汁色素、コレステロール、その他の脂肪(脂質... さらに読む 胆嚢と胆管 は右上腹部にあり、胆道 胆嚢と胆管 胆嚢は、洋ナシのような形をした、筋肉でできた小さな袋状の臓器で、胆汁を蓄える機能があり、胆道と呼ばれる管で肝臓とつながっています。(肝臓と胆嚢の概要も参照のこと。) 胆汁(たんじゅう)は緑がかった黄色の粘り気のある液体です。胆汁には、胆汁酸塩、電解質(ナトリウムや重炭酸塩など可溶性の荷電粒子)、胆汁色素、コレステロール、その他の脂肪(脂質... さらに読む 胆嚢と胆管 と呼ばれる複数の管でつながっており、胆道は小腸の始まりの部分である十二指腸に続いています。肝臓と胆嚢の機能の一部は共通していますが、これらはまったく異なる臓器です。

肝臓と胆嚢の概観

肝臓の細胞によって作られた胆汁は、毛細胆管と呼ばれる細い管に流れ込み、それらの管は胆管につながっています。それぞれの胆管は、合流して次第に太い管になり、やがて左右の肝管を形成し、さらに左右の肝管が合流して総肝管になります。総肝管はさらに、胆嚢管と呼ばれる胆嚢から出ている管と合流して総胆管を形成します。総胆管は小腸への入り口であるオッディ括約筋の直前部分で、膵臓から伸びた膵管と合流します。

肝臓、胆管、胆嚢の概観
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP