Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肝臓と胆嚢の概要

執筆者:

Ali A. Siddiqui

, MD, Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肝臓胆嚢は右上腹部にあり、胆道と呼ばれる複数の管でつながっており、胆道は小腸の始まりの部分である十二指腸に続いています。肝臓と胆嚢の機能の一部は共通していますが、これらはまったく異なる臓器です。

肝臓と胆嚢の概観

肝臓の細胞によって作られた胆汁は、毛細胆管と呼ばれる細い管に流れ込み、それらの管は胆管につながっています。それぞれの胆管は、合流して次第に太い管になり、やがて左右の肝管を形成し、さらに左右の肝管が合流して総肝管になります。総肝管はさらに、胆嚢管と呼ばれる胆嚢から出ている管と合流して総胆管を形成します。総胆管は小腸への入り口であるオッディ括約筋の直前部分で、膵臓から伸びた膵管と合流します。

肝臓と胆嚢の概観
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP