Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肝疾患の概要

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肝疾患は、様々な形で現れます。特徴的な症状や徴候には、以下のものがあります。

  • 黄疸(皮膚や白眼の部分が黄色くなる症状)

  • 胆汁うっ滞(胆汁の流れの減少または停止)

  • 肝腫大(肝臓が大きくなる)

  • 門脈圧亢進症(腸から肝臓に向かう静脈の血圧が異常に高くなること)

  • 腹水(腹腔内に体液が貯留すること)

  • 肝性脳症(肝臓により除去されるはずの有害物質が蓄積することで脳機能が低下すること)

肝疾患では、ときに明白な症状や徴候がみられないことがあります。例えば、症状として疲労、全身のだるさ、食欲不振、軽度の体重減少などがありますが、患者がこうした症状に気づかない場合もあり、また、これらは他の多くの病気で一般的にみられる症状でもあります。そのため、肝疾患は見逃されやすく、特に早期には、その可能性が高くなります。

icon

肝疾患でみられる主な特徴*

特徴

説明

皮膚や白眼の黄変

胆汁の流れが減少または停止すること

肝腫大

肝腫大

腹腔内に体液が貯留することで、ときに腹部が膨張する

正常であれば、肝臓によって除去されるはずの有害物質が、血液中に蓄積することで脳機能が低下し、錯乱に陥ること

食道、または胃での出血(多くは静脈瘤と呼ばれる蛇行して拡張した静脈からの出血)

腸から肝臓に向かう静脈(門脈およびその分枝)の血圧が異常に高くなること

皮膚症状

顔面や胸部のくも状の血管

手のひらの赤み(手掌紅斑)

赤ら顔

かゆみ

血液の異常

赤血球数の減少(貧血

白血球数の減少(白血球減少症)

血小板数の減少(血小板減少症

出血傾向(血液凝固障害)

ホルモン異常

インスリン濃度が高くなる一方、インスリンに対する反応が低下する( インスリン抵抗性)ため、血糖値が上昇する

副腎の機能不全のため、立ちくらみ、疲労、ときに皮膚の黒ずみ

女性では、月経の停止と妊よう性の低下

男性では、勃起障害に加え、筋組織の減少、乳房の肥大、精巣の萎縮などの女性的特徴が現れる(女性化現象)

心臓と血管の異常

心拍数と心拍出量の増加

血圧の低下(低血圧)

全身症状

疲労

筋力低下

体重減少

食欲不振

吐き気

発熱

腹痛

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP