Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

肝不全

執筆者:

Steven K. Herrine

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

肝不全は、肝機能が大幅に低下した状態です。

原因

肝不全は、 ウイルス性肝炎 急性ウイルス性肝炎の概要 急性ウイルス性肝炎は、5種類の肝炎ウイルスのいずれかの感染によって肝臓に炎症が起きる病気です。多くの場合、炎症は突然始まり数週間続きます。 症状は、何もみられない場合から重症の場合まであります。 感染すると、食欲不振、吐き気、嘔吐、発熱、右上腹部の痛み、黄疸などの症状がみられます。 医師は身体診察と検査用の採血を行います。 ワクチンはA型、B型、E型の肝炎を予防できます。 さらに読む (ほとんどがB型かC型肝炎)、 肝硬変 肝硬変 肝硬変は、機能を果たさない瘢痕組織が大量の正常な肝組織と永久に置き換わり、肝臓の内部構造に広範な歪みが生じることです。肝臓が繰り返しまたは継続的に損傷を受けると、瘢痕組織が生じます。 肝硬変の最も一般的な原因は、慢性的なアルコール乱用、慢性ウイルス性肝炎、飲酒によらない脂肪肝です。 食欲不振、体重減少、疲労、全身のだるさなどの症状が現れます。 腹部への体液の貯留(腹水)、消化管の出血、脳機能の異常など、多くの重篤な合併症が起こる可能性が... さらに読む 肝硬変 アルコールによる肝傷害 アルコール性肝疾患 アルコール性肝疾患は、長期にわたる大量の飲酒によって肝臓に損傷が起きる病気です。 (アルコールも参照のこと。) 一般に、飲酒の量、頻度、期間によって肝傷害のリスクと重症度が決まります。 最初は無症状ですが、次第に発熱、黄疸、疲労がみられるようになり、肝臓は圧痛や痛みが生じて大きくなり、やがて消化管出血や脳機能低下などの、より深刻な問題が現... さらに読む アルコール性肝疾患 アセトアミノフェン アセトアミノフェン中毒 アセトアミノフェンを含有する製品を何種類も服用することによって、中毒を起こす場合があります。 血液中のアセトアミノフェンの量により、まったく症状がない場合から、嘔吐や腹痛、肝不全、さらには死に至る場合まであります。 血液中のアセトアミノフェン量と肝機能検査の結果に基づいて診断されます。 アセチルシステインを投与してアセトアミノフェンの毒性を低下させます。 (中毒の概要も参照のこと。) さらに読む などの薬による肝傷害など、あらゆる肝疾患が原因で起こりえます。

肝不全が起こるまでには、肝臓のかなりの部分が損傷を受けています。肝不全は、数日から数週間のうちに急速に進行すること(急性)もあれば、数カ月から数年かかって徐々に進行すること(慢性)もあります。

合併症

肝臓が機能しないため多くの影響が生じます。

症状

肝不全患者では、黄疸、腹水、肝性脳症、全身の健康状態の悪化が通常みられます。黄疸になると、皮膚や白眼が黄色くなります。腹水があると腹部が膨れることがあります。肝性脳症は、錯乱や眠気を引き起こします。ほとんどの患者では、疲労、筋力低下、吐き気、食欲不振などの全身症状もみられます。

息はカビ臭く、甘ったるい匂いがすることがあります。

皮下出血や出血が起きやすくなることがあります。例えば、普通の人なら取るに足らない出血(例えば、小さな切傷や鼻血)も、自然に止まらず、医師でさえ出血を止めるのが難しいことがあります。失血のため、 血圧低下(低血圧)やショック 低血圧およびショック に至ることがあります。

急性肝不全では、健康だった人が数日以内に瀕死の状態に陥ることがあります。慢性肝不全では、吐血や血便がみられるなどの著明な事態が起こるまでは、健康状態の悪化は非常に緩やかです。嘔吐物または便に混じる血液は、通常、食道や胃の静脈瘤からの出血によるものです。

腎不全になると、尿の生産量や排泄量が減少するため、血液中に有害物質が蓄積します。

やがて、呼吸が困難になります。

診断

  • 医師による評価

  • 血液検査

医師は通常、症状と身体診察の結果に基づいて、肝不全の診断を下します。血液検査により肝臓の機能を評価しますが、たいていの場合、肝機能は著しく損なわれています。

考えられる原因を調べるために、医師は処方薬や市販薬、ハーブ製品、栄養補助食品など、患者が摂取したすべての物質について尋ねます。原因を特定するための血液検査も行われます。

尿検査、その他の血液検査などの検査のほか、しばしば胸部X線検査が行われます。これらの検査により、脳機能の低下、 腎不全 腎不全 、感染症などの問題が発生していないかを調べます。症状によっては、頻繁に検査を繰り返すことがあります。

治療

  • 原因の治療

  • 動物性タンパクの少ない食事

  • 急性肝不全は、直ちに治療

  • ときに肝移植

治療法は原因と具体的な症状によって異なります。肝不全が急性か慢性かによって治療の緊急度は異なりますが、治療の原則は同じです。

食事制限

通常は食事制限を行い、動物性タンパク、特に赤身の肉、魚、チーズ、卵などの量を制限します。動物性タンパクの過剰摂取は、脳の機能不全の一因となる可能性があります。十分なタンパクをとることができるよう、大豆タンパクなどの植物性タンパクを含む食品の摂取量を増やすことが勧められます。さらにナトリウム(塩分や多くの食品に含まれる)の摂取量を制限する必要があります。そうすることで、腹部への体液の貯留を防ぐのに役立ちます。飲酒は、肝傷害を悪化させるため厳禁です。

急性肝不全

急性肝不全は、症状(出血など)が急速に進行して悪化するため、できるだけ速やかに治療します。急性肝不全患者は、できれば集中治療室(ICU)で治療します。以下の治療を行います。

  • 低血圧に対して、静脈からの水分補給(輸液)と血圧を上げる薬

  • 肝性脳症に対して、場合により、ラクツロース(下剤)、抗菌薬など

  • 感染症に対して、抗菌薬または抗真菌薬

  • 低血糖に対して、グルコース(糖の一種)の静脈内投与

  • 出血に対して、新鮮凍結血漿(血液凝固因子と呼ばれる、血液凝固を助けるタンパクを含む血液の成分)の輸血、および必要な場合は全血輸血

肝移植

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP