Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

食道閉塞の概要

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

ほとんどの場合、原因は以下のものです。

閉塞に進行する損傷は、胃からの胃酸の逆流(胃食道逆流症[GERD] 胃食道逆流症(GERD) 胃食道逆流症では、胃酸や胆汁を含む胃の内容物が胃から食道に逆流し、食道の炎症と胸部の下部の痛みが生じます。 逆流は、正常な場合に胃の内容物が食道に逆流しないように防いでいる輪状の筋肉(下部食道括約筋)が正しく機能していないと起こります。 最も典型的な症状は胸やけ(胸骨の裏側の焼けつくような痛み)です。 診断は症状のほか、ときに食道pH検査の結果に基づいて下されます。 引き金になる物質(アルコールや脂肪分の多い食物など)を避け、胃酸を減ら... さらに読む 胃食道逆流症(GERD) )が繰り返し起こったために食道が損傷することで、通常は何年もかけて、生じることがあります。また、閉塞は腐食性物質 腐食性物質による中毒 腐食性物質を飲み込むと、その物質が接触した唇から胃までの組織すべてに熱傷(やけど)を負います。 症状は、痛み(特に飲み込むとき)、せき、息切れ、嘔吐などです。 医師は内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を食道に挿入して熱傷がないかを調べ、損傷の程度を判断します。 治療は損傷の程度により決定され、手術をすることもあります。 (中毒の概要も参照のこと。) さらに読む を飲み込んだ後に起きる食道の損傷(びらん性食道炎)によって生じる場合もあれば、まれですが、食道内に一定時間とどまった錠剤によって食道に炎症が起きた後に生じる場合もあります。

狭窄(きょうさく)は、食道が外側から何かに圧迫されて起こる場合もあります。圧迫の原因はいくつかあり、以下のようなものが挙げられます。

ときに、遺伝性の原因がみられる場合もあります(例えば、下部食道輪 下部食道輪 下部食道輪は、下部食道に狭窄(きょうさく)を起こし、ほとんどの場合は生まれたときから存在します。 食道は、のど(咽頭)から胃までをつなぐ中空の管です。(食道閉塞の概要も参照のこと。) 一部の下部食道輪は、胃酸逆流や飲み込みが不完全だった錠剤に起因する食道の炎症(びらん性食道炎)によって生じることがあります。 正常な下部食道の直径は約2センチメートルです。しかし、下部食道輪(硬い組織の輪)によって直径が約1... さらに読む 下部食道輪 食道ウェブ 食道ウェブ 食道ウェブは、食道の上部に形成された薄い膜で、嚥下困難を引き起こすことがあります。 (食道閉塞の概要も参照のこと。) 食道は、のど(咽頭)から胃までをつなぐ中空の管です。 食道ウェブはまれにしか起こりませんが、重度の鉄欠乏性貧血を治療しなかった人で最も多く起こります。貧血に食道ウェブが合併する理由は不明です。上部食道にウェブがあると、通常は固形物が飲み込みにくくなります。 この問題に最適な診断法は通常、食道造影検査です。この検査では、バ... さらに読む 食道ウェブ )。それらの病気では通常、部分的な閉塞しか起こりません。

診断

  • 上部消化管内視鏡検査

  • 生検

  • 食道造影検査

食道の閉塞の診断を下すには、上部消化管内視鏡検査を行います。この手法では、内視鏡 内視鏡検査 内視鏡検査とは、柔軟な管状の機器(内視鏡)を用いて体内の構造物を観察する検査です。チューブを介して器具を通すことができるため、内視鏡は多くの病気の治療にも使うことができます。口から挿入する内視鏡検査では、食道(食道鏡検査)、胃(胃鏡検査)、小腸の一部(上部消化管内視鏡検査)が観察できます。肛門から挿入する内視鏡検査では、直腸(肛門鏡検査)、大腸下部と直腸と肛門(S状結腸内視鏡検査)、大腸全体と直腸と肛門(大腸内視鏡検査)が観察できます。... さらに読む と呼ばれる柔軟な管状の機器を用いて食道を調べます。内視鏡検査中に、医師は顕微鏡で調べるために組織サンプルを採取します(生検と呼ばれる)。食道造影 X線検査 消化器系の問題の評価にはX線検査がよく使われます。標準的なX線検査では、特別な準備は何も必要ありません( 単純X線検査)。消化管に閉塞や麻痺がある場合や、腹腔内のガスの分布が異常な場合は、通常は標準的なX線検査で明らかになります。また、肝臓、腎臓、脾臓の腫大も標準的なX線検査で明らかになります。 下部消化管造影検査では、多くの場合、標準のX線検査より多くの情報が得られます。味つけした液体バリウムまたはバリウムでコーティングした食べものを... さらに読む も行うことがあります。この検査では、バリウムという液体状の造影剤を飲んでもらってから、X線撮影を行います。バリウムによって食道の輪郭が描き出され、異常が見やすくなります。

治療法とその結果は、狭窄や閉塞の原因によって異なります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP