Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

食道閉塞の概要

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

食道(のどから胃までをつなぐ中空の管)は、狭くなったり完全にふさがったり(閉塞)することがあります。

ほとんどの場合、原因は以下のものです。

  • 食道の損傷の進行

  • 腫瘍の増殖

  • 食べものや異物

閉塞に進行する損傷は、胃からの胃酸の逆流(胃食道逆流症[GERD])が繰り返し起こったために食道が損傷することで、通常は何年もかけて、生じることがあります。また、閉塞は腐食性物質を飲み込んだ後に起きる食道の損傷(びらん性食道炎)によって生じる場合もあれば、まれですが、食道内に一定時間とどまった錠剤によって食道に炎症が起きた後に生じる場合もあります。

腫瘍は狭窄の深刻な原因で、食道の悪性腫瘍良性腫瘍があります。

狭窄(きょうさく)は、食道が外側から何かに圧迫されて起こる場合もあります。圧迫の原因はいくつかあり、以下のようなものが挙げられます。

ときに、遺伝性の原因がみられる場合もあります(例えば、下部食道輪食道ウェブ)。それらの病気では通常、部分的な閉塞しか起こりません。

いずれも食道の内径が狭くなるため、これらの病気がある患者では通常、固形物の食べもの(特に肉やパン)の嚥下(えんげ)が困難になります。液体の嚥下困難は、起こるとしても、かなり後になってからみられます。

診断

  • 上部消化管内視鏡検査

  • 生検

  • 食道造影検査

食道の閉塞の診断を下すには、上部消化管内視鏡検査を行います。この手法では、内視鏡と呼ばれる柔軟な管状の機器を用いて食道を調べます。内視鏡検査中に、医師は顕微鏡で調べるために組織サンプルを採取します(生検と呼ばれる)。食道造影も行うことがあります。この検査では、バリウムという液体状の造影剤を飲んでもらってから、X線撮影を行います。バリウムによって食道の輪郭が描き出され、異常が見やすくなります。

治療法とその結果は、狭窄や閉塞の原因によって異なります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP