Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

食道ウェブ

(プラマー-ビンソン症候群、パターソン-ケリー症候群、鉄欠乏性嚥下困難)

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

食道ウェブは、食道の上部に形成された薄い膜で、嚥下困難を引き起こすことがあります。

食道閉塞の概要も参照のこと。)

食道は、のど(咽頭)から胃までをつなぐ中空の管です。

食道ウェブはまれにしか起こりませんが、重度の鉄欠乏性貧血を治療しなかった人で最も多く起こります。貧血に食道ウェブが合併する理由は不明です。上部食道にウェブがあると、通常は固形物が飲み込みにくくなります。

この問題に最適な診断法は通常、食道造影検査です。この検査では、バリウムという液体状の造影剤を飲んでもらってから、X線撮影を行います。バリウムによって食道の輪郭が描き出され、異常が見やすくなります。

鉄欠乏症の治療を受けると、通常はウェブも消失します。ウェブが消失しない場合は、拡張器や内視鏡を用いてウェブを破壊します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP