Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

食道の概要

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

食道は、のど(咽頭)から胃までをつなぐ中空の管です。食べものは単純に食道を落ちて胃に入るわけではありません。食道の壁は、波のように進む筋肉のリズミカルな収縮(ぜん動)によって、食べものを胃まで進めます。

食道の働き

飲み込んだ食べものは、口からのど(咽頭)へと移動します(1)。食べものが食道に入るように上部食道括約筋が開き(2)、食道ではぜん動という波のような筋肉の収縮によって食べものが先へと送られます(3)。続いて食べものは下部食道括約筋を通り(4)、胃に入ります(5)。

食道の働き

のどと食道の境界のすぐ下には、上部食道括約筋と呼ばれるリング状の筋肉があります。食道と胃の境界の少し上にも、下部食道括約筋と呼ばれるリング状の筋肉があります。食道が働いていないときは、食べものと胃酸が胃から食道を逆流して口の方に行かないように、この2つの括約筋は閉じています。食べものを飲み込むときは、これらの括約筋が開き、食べものが胃まで通過できるようになります。

食道の収縮力や食道括約筋の圧力は、加齢に伴って低下します。この状態によって高齢者で胃酸の逆流(胃食道逆流症[GERD])が起こりやすくなり、特に食後すぐに横になったときに逆流がみられます。

食道の病気で特によくみられる症状には、嚥下困難(ものを飲み込みにくいと感じること)と、胸痛や背部痛の2つがあります。嚥下困難、胸痛、背部痛は、食道のすべての病気で起こることがあり、そのうち最も重篤なものは食道がんです。

食道の病気と嚥下障害としては以下のものがあります。

嚥下困難は、このような食道の病気の多くによって引き起こされますが、神経系の問題も嚥下困難の原因になることがあります。

これら以外の食道の病気としては、下部食道の静脈が拡張して出血しやすくなる食道静脈瘤と呼ばれる病気があります( 門脈圧亢進症)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP