Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

食道の損傷の概要

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

食道 のどと食道 のど(咽頭[いんとう]、 のどを参照)は口の下後方に位置しています。口から飲み込まれた飲食物はのどを通過します。飲食物を飲み込む運動(嚥下[えんげ])は、特に意識しなくても始まり自動的に継続します。嚥下時には、小さな筋皮弁(喉頭蓋[こうとうがい])が閉じて、飲食物が肺に向かう気管に入らないように防いでいます。口の天井の後方部分(軟口蓋[なんこうがい])は上にもち上がって、飲食物が鼻に入らないように防いでいます。口蓋垂(こうがいすい)は、... さらに読む (のどから胃までをつなぐ中空の管)は比較的損傷を受けにくい臓器ですが、胃酸の逆流(胃食道逆流症 胃食道逆流症(GERD) 胃食道逆流症では、胃酸や胆汁を含む胃の内容物が胃から食道に逆流し、食道の炎症と胸部の下部の痛みが生じます。 逆流は、正常な場合に胃の内容物が食道に逆流しないように防いでいる輪状の筋肉(下部食道括約筋)が正しく機能していないと起こります。 最も典型的な症状は胸やけ(胸骨の裏側の焼けつくような痛み)です。 診断は症状のほか、ときに食道pH検査の結果に基づいて下されます。 引き金になる物質(アルコールや脂肪分の多い食物など)を避け、胃酸を減ら... さらに読む 胃食道逆流症(GERD) [GERD])によって徐々に損傷することがあります。また、腐食性や酸性の化学物質 腐食性物質による中毒 腐食性物質を飲み込むと、その物質が接触した唇から胃までの組織すべてに熱傷(やけど)を負います。 症状は、痛み(特に飲み込むとき)、せき、息切れ、嘔吐などです。 医師は内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)を食道に挿入して熱傷がないかを調べ、損傷の程度を判断します。 治療は損傷の程度により決定され、手術をすることもあります。 (中毒の概要も参照のこと。) さらに読む 、刺激性の薬物、鋭利な物体などを飲み込んだり、極度の圧力がかかったりすることによって、食道の損傷が突然起きることもあります。激しい嘔吐の際、食道に極度の圧力がかかることがあり、激しい嘔吐により食道に裂傷 食道裂傷(マロリー-ワイス症候群) 食道裂傷(マロリー-ワイス症候群)は、食道壁の穿孔(せんこう)には至らない裂傷のことです。 激しい嘔吐によって裂傷が起きることがあります。 症状は嘔吐物中に血液がみられることなどです。 診断は上部消化管内視鏡検査と臨床検査の結果に基づいて下されます。 必要な場合の治療としては、出血を止める処置や、まれに手術を行うことがあります。 さらに読む 食道裂傷(マロリー-ワイス症候群) が生じることもあります。非常に重篤な損傷の1つに食道破裂 食道破裂 食道破裂は、食道壁を貫いた裂傷のことです。 破裂は手術や激しい嘔吐のほか、飲み込んだ食べものの大きなかたまりが食道にとどまることによって起こりますが、自然に破裂が起こることもあります。 症状としては、胸痛、腹痛、発熱、低血圧などがあります。 食道破裂は死に至る可能性があります。 診断はX線検査の結果に基づいて下されます。 さらに読む があります。この損傷はまれですが、手術が原因で起きる場合や、食べものの大きなかたまりを嘔吐したり飲み込んだりした際に起きる場合があります。

症状

突然起きる食道の損傷は、通常は痛みを伴い、しばしば胸骨の下の鋭い痛みとして感じられます。また、出血を生じることもあり、嘔吐物や便に血が混じっていることがあります。痛みで失神することがあり、特に食道破裂が起きた場合にみられます。食道が破裂すると、食道内の食べものが縦隔(前後は胸骨から脊柱まで、上下は胸郭上口から横隔膜までを境界とする胸部の領域)内に散乱して、縦隔炎 縦隔炎 縦隔炎は、縦隔(心臓、胸腺、一部のリンパ節のほか、食道、大動脈、甲状腺、副甲状腺の一部が入っている胸部の空間)に起きる炎症です。 縦隔炎は通常、食道の裂傷または胸部の手術が原因で起こります。 強い胸痛、息切れ、発熱などの症状がみられます。 診断には、胸部X線検査またはCT(コンピュータ断層撮影)検査が必要です。 治療には抗菌薬を用い、ときに手術が必要になります。 さらに読む を引き起こします。

診断

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP