Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

食道の損傷の概要

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

食道(のどから胃までをつなぐ中空の管)は比較的損傷を受けにくい臓器ですが、胃酸の逆流(胃食道逆流症[GERD])によって徐々に損傷することがあります。また、腐食性や酸性の化学物質、刺激性の薬物、鋭利な物体などを飲み込んだり、極度の圧力がかかったりすることによって、食道の損傷が突然起きることもあります。激しい嘔吐の際、食道に極度の圧力がかかることがあり、激しい嘔吐により食道に裂傷が生じることもあります。非常に重篤な損傷の1つに食道破裂があります。この損傷はまれですが、手術が原因で起きる場合や、食べものの大きなかたまりを嘔吐したり飲み込んだりした際に起きる場合があります。

症状

突然起きる食道の損傷は、通常は痛みを伴い、しばしば胸骨の下の鋭い痛みとして感じられます。また、出血を生じることもあり、嘔吐物や便に血が混じっていることがあります。痛みで失神することがあり、特に食道破裂が起きた場合にみられます。食道が破裂すると、食道内の食べものが縦隔(前後は胸骨から脊柱まで、上下は胸郭上口から横隔膜までを境界とする胸部の領域)内に散乱して、縦隔炎を引き起こします。

診断

  • 損傷によって異なる

食道の損傷の診断を下すには、様々な方法が用いられます。具体的には、上部消化管内視鏡検査や様々な種類のX線検査などがあります。

食道の損傷の治療法は、損傷の原因によって異なります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP