Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

食道の感染症

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

食道の感染症は、主に食道を感染から守る防御機構が損なわれている場合に発生します。感染を起こす主な微生物は、カンジダ・アルビカンス Candida albicans、単純ヘルペスウイルス、サイトメガロウイルスです。

感染から食道を守る防御機構がいくつかあります。例えば、唾液、食道の正常な運動(収縮)、免疫系細胞などです。したがって、エイズ、臓器移植 移植後の合併症 移植とは、生きて機能している細胞、組織、臓器を体から摘出して、同じ人間の別の部分、または別の人間の体に移し替えることをいいます。 一番よく行われている移植は輸血です。毎年、何百万人もが治療として輸血を受けます。しかし、一般には移植というと臓器(実質臓器移植)や組織の移植を指します。... さらに読む 、アルコール依存症、糖尿病 糖尿病 糖尿病は体が必要とするインスリンを十分に産生しないため、血糖(ブドウ糖)値が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇き、減量しようとしていないのに体重が減少します。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。... さらに読む 、免疫系の機能低下、低栄養 低栄養 低栄養とは、カロリーまたは1つ以上の必須栄養素が不足している状態です。 低栄養は、食べものを手に入れたり調理したりできない、食べものを食べたり吸収したりしにくくなる病気がある、またはカロリーの必要量が大幅に増えているということが原因で発生することがあります。 低栄養は、多くの場合、見た目にも明らかです。低体重で、しばしば骨が突き出ており、... さらに読む 低栄養 、がん、食道運動障害 食べものの送り込みの異常 食べものが口から胃へと運ばれるためには、口とのどが協調して正常に動くこと、食道の筋肉が波のように収縮(ぜん動)して食べものを送ること、食道括約筋(開くと食べものが食道から胃に入れるようになる帯状の筋肉)が弛緩することが必要です。 (食道の概要も参照のこと。) これらの機能に1つでも問題があると、嚥下困難、胸やけ、胸痛、逆流(吐き気や腹部筋肉の強い収縮がない状態で、食道や胃から食べものを吐き戻すこと)、嘔吐、誤嚥(ごえん)(吸い込んだとき... さらに読む などの患者では、感染のリスクが高くなります。カンジダ感染症 カンジダ症(真菌感染症) カンジダ症は、カンジダ属の真菌による感染症です。 カンジダ症は湿潤部位の皮膚で発生しやすい傾向があります。 カンジダ症では、発疹、鱗屑(りんせつ)、かゆみ、腫れなどがみられます。 診断では、患部を診察するとともに、皮膚のサンプルを顕微鏡で調べたり、培養して観察したりします。 通常は、抗真菌薬のクリームや経口薬による治療で治癒します。 さらに読む カンジダ症(真菌感染症) は、これらのどの患者でも起こる可能性があります。単純ヘルペスウイルス感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症では、皮膚、口、唇(口唇ヘルペス)、眼、性器に、液体で満たされた、痛みのある小さな水疱が繰り返し発生します。 非常に感染力の強いウイルス感染症であり、潰瘍に直接触れたり、ときには潰瘍がない場合でも患部に触れることで感染します。 ヘルペスウイルスは口の中や性器に水疱や潰瘍を引き起こし、最初の感染時には、発熱と全身のだるさが生じることがよくあります。... さらに読む 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 サイトメガロウイルス感染症 サイトメガロウイルス(CMV)感染症 サイトメガロウイルス感染症はよくみられるヘルペスウイルス感染症で、症状が出ないものから、発熱と疲労感が出るもの(伝染性単核球症に似たもの)、また、眼や脳、その他の内臓を侵す重い症状が生じるものまで、症状は多様です。 このウイルスは、体の分泌物と接触(性的接触とそれ以外の接触の両方)することで感染します。 ほとんどの人では何の症状もみられませんが、気分が悪くなって熱が出る場合もあり、免疫機能が低下している人が感染すると、失明などの重篤な症... さらに読む は、主にエイズ患者、臓器移植を受けた人、免疫抑制薬を使用している人で発生します。

知っていますか?

  • 唾液は感染から食道を守るのに役立ちます。

診断

  • 内視鏡検査

治療

  • カンジダ(Candida)感染症に対して、抗真菌薬

  • 単純ヘルペスウイルス 感染症またはサイトメガロウイルス感染症に対して、抗ウイルス薬

カンジダ Candidaの感染がみられる人には、フルコナゾールなどの抗真菌薬を投与します。抗真菌薬は錠剤として投与するか、嚥下困難がみられる場合は液剤として投与します。まれに、静脈内への注射で投与することもあります。

単純ヘルペスウイルス感染症またはサイトメガロウイルス感染症の患者には、アシクロビルなどの抗ウイルス薬を経口または静脈内注射で投与します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP