Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

食道けいれん

(数珠様食道、びまん性食道けいれん)

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

食道けいれんは、ぜん動(波のように進む筋肉のリズミカルな収縮)が障害される病気です。

  • この病気の原因は分かっていません。

  • 症状としては、胸痛や嚥下困難などがあります。

  • 診断は食道造影検査と内圧検査の結果に基づいて下されます。

  • 治療法としては、カルシウム拮抗薬のほか、ときにボツリヌス毒素の注射などを行います。

食道は、のど(咽頭)から胃までをつなぐ中空の管です。(食道の概要も参照のこと。)

この病気では、食道内で食べものを前進させる正常な収縮に代わって、食べものの前進を伴わない収縮や過剰な筋肉収縮(筋力過多)がたびたび起こるようになります。

食道けいれん患者の最大30%では、下部食道括約筋の開閉にも異常がみられます。下部食道括約筋は輪状の筋肉で、食べものや胃酸が食道を逆流して上がって行かないように、食道の下部を閉じた状態に保っています。何かを飲み込むと、正常であればこの括約筋が弛緩(しかん)して、食べものが胃に入れるようになります。

食道の働き

飲み込んだ食べものは、口からのど(咽頭)へと移動します(1)。食べものが食道に入るように上部食道括約筋が開き(2)、食道ではぜん動という波のような筋肉の収縮によって食べものが先へと送られます(3)。続いて食べものは下部食道括約筋を通り(4)、胃に入ります(5)。

食道の働き

食道けいれんの正確な原因は不明ですが、神経の異常が疑われています。

症状

食道全体に筋れん縮が起こり、一般的は胸骨の下の胸痛として感じられ、液体(特にとても熱いものや冷たいもの)と固形物の嚥下困難を併発します。胸痛は夜間にも起こり、目が覚めるほど痛みが強いことがあります。

また、嚥下困難を伴わずに激しい痛みが起こる場合もあります。この痛みはしばしば、胸骨の下の締めつけられるような痛みと表現され、運動中や作業中に起こることがあるため、狭心症(心疾患を原因とする胸痛)との判別が難しくなります。

アカラシア(食道のリズミカルな収縮が著しく減少する病気)と食道けいれんでは、どちらも下部食道括約筋が適切に開かないため、両者の症状が同時にみられることがあります。そうした組合せの1つは活動性アカラシアと呼ばれています。食道内の食べものの滞留(少量の食べものを肺に吸い込む誤嚥[ごえん]を起こすことがある)と、食道けいれんによる激しい胸痛の併発が特徴的です。

診断

  • 食道造影検査

  • 内圧検査(マノメトリー)

食道造影検査を行います。この検査では、バリウムという液体状の造影剤を飲んでもらってから、X線撮影を行います。バリウムによって食道の輪郭が描き出され、異常が見やすくなります。この検査により、バリウムが正常に食道内を下っていかない様子や、食道壁の収縮が部分的に協調性を失ってバリウムが移動しない様子が明らかになります。

内圧検査(圧力計の付いたチューブを食道内に入れて収縮圧を測定する検査)により圧力を測定することで、最も高い感度でけいれんの状態を詳しく分析できます。

治療

  • カルシウム拮抗薬

  • ときにボツリヌス毒素注射

  • まれに手術

食道けいれんは治療が困難な場合がよくあります。ニフェジピンなどのカルシウム拮抗薬により、食道の筋肉が弛緩(しかん)して症状が和らぐことがあります。三環系抗うつ薬も筋肉を弛緩させるために使用されることがあります。

ニトログリセリン、長時間作用型硝酸薬などの薬や、抗コリン作用のある薬(ジサイクロミンなど)はあまり効果がありません。

薬剤で効果が得られない場合は、ボツリヌス毒素を下部食道括約筋に注射することがあります。

患者によっては、治療が非常に難しい症状がみられることがあります。まれに、外科医または消化器専門医が食道の全長にわたって筋層を切開する手術(筋層切開術)を行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP