Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

出血性大腸炎

執筆者:

Thomas G. Boyce

, MD, MPH, University of North Carolina School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

出血性大腸炎は、特定の菌株の大腸菌 Escherichia coli が大腸に感染して毒素(志賀毒素)を産生し、血性下痢とその他の重篤な合併症を起こす胃腸炎の一種です。

  • 出血性大腸炎は、大腸菌 Escherichia coliが産生する毒素によって引き起こされます。

  • この病気の原因となる微生物には通常、汚染されたひき肉や水、無殺菌の牛乳から感染します。

  • 通常は症状として、腹部けいれんや下痢(血性の場合があります)がみられます。

  • 医師の診察と便検査の結果に基づいて診断されます。

  • 予防策として、肉を十分に加熱する、徹底的に手を洗うなどがあります。

  • 治療としては、水分を十分に摂取することがあげられます。

どの年齢層にも起こりますが、小児と高齢者に最も多くみられます。出血性大腸炎を起こす大腸菌 E. coliには多くの菌株があります。北米で最も一般的な菌株は大腸菌O157:H7です。このような細菌は健康なウシの約1%で、もともと腸に生息しているものです。加熱調理が不十分な牛ひき肉や無殺菌の牛乳やジュースを摂取することで集団発生することがあります。牛糞肥料で汚染された食べものや水、または生の牛ひき肉の摂取でも感染が広がる可能性があります。出血性大腸炎は人から人へ伝染し、特におむつをつけている小児からの感染が多くみられます。塩素消毒が不十分な親水公園が感染源となることもあります。

大腸菌 E. coliのつくる毒素は大腸の粘膜に損傷を与えます。この毒素が血流中に入ると、腎臓などの大腸以外の臓器にも影響を及ぼします。

症状

水様性下痢とともに強い腹部けいれんが突然始まり、24時間以内に血性下痢となることがあります。下痢は通常1~8日間続きます。通常は発熱はないか軽度ですが、ときに39℃以上になることもあります。

出血性大腸炎を起こした人の約5~10%に、溶血性尿毒症症候群という重い合併症が発生します。その症状は、赤血球が破壊されることによる貧血(溶血性貧血)からくる疲労、筋力低下、皮膚の蒼白化など、血小板数の低下(血小板減少症)、突然の腎不全などです。溶血性尿毒症症候群では、けいれん発作や脳卒中など、神経や脳の損傷も合併症として発生する場合があります。溶血性尿毒症症候群は、典型的には出血性大腸炎の症状が出てから2週目に現れ、ときにそれに先立って発熱が強まることがあります。溶血性尿毒症症候群が起こりやすいのは、5歳未満の小児と60歳以上の高齢者です。溶血性尿毒症症候群とその合併症が起こらなくても、高齢者では出血性大腸炎が死亡の原因になることがあります。

診断

  • 便検査

患者に血性下痢がみられる場合は、通常は出血性大腸炎が疑われます。出血性大腸炎の診断を下すには、便のサンプルを調べて大腸菌 E. coliの菌株や産生される毒素がないか調べます。

血性下痢の原因として他の病気が疑われる場合、S状結腸鏡検査など他の検査を行うこともあります。

予防

  • 肉に完全に火を通す

  • 衛生的な環境を保つ

米国では、食肉加工法の改良が大腸菌 E. coliによる食肉汚染の発生率低下に役立っています。そうした対策にもかかわらず、牛ひき肉では汚染の可能性がまだ残っています。そのため、牛ひき肉は、内部温度が71℃以上になるか、出てくる肉汁が透明になるまで調理する必要があります。牛乳や乳製品は加熱殺菌されたものだけを飲むようにします。

感染が広がるのを防ぐため、感染した人の便は適切に処理し、良好な衛生習慣を保ち、石けんで手を洗うようにします。小児は、下痢が収まり、便検査で2回連続で陰性であることが確認されるまで、託児所に戻してはいけません。

血性下痢が集団発生している場合、介入することで他の人への感染が防止できるため、公衆衛生当局に報告する必要があります。地元の保健局の連絡先をウェブサイトや電話帳で探して電話することで報告できます。

治療

  • 水分摂取

  • ときに輸液

出血性大腸炎の治療で最も重要なのは水分を十分に摂取することです。ただし、大量の体液が失われてしまうことがあり、その場合は輸液(静脈からの水分補給)で補給する必要があります。抗菌薬は溶血性尿毒症症候群の発生リスクを高めてしまうため使用しません。自然に治癒することもしばしばあります。

合併症が発生した場合は、入院して集中治療を受けることが必要になる可能性が高く、腎臓透析や他の特定の治療が必要なこともあります。

知っていますか?

  • 大腸菌 E. coliが原因と疑われる出血性大腸炎では、抗菌薬を使用しても、症状が軽減せず、感染の広がりを予防できず、実際には溶血性尿毒症症候群の発生リスクを高めるため、抗菌薬は使用されません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP