Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ウェルシュ菌( Clostridium perfringens )食中毒

執筆者:

Thomas G. Boyce

, MD, MPH, University of North Carolina School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)食中毒は、ウェルシュ菌 Clostridium perfringensに汚染された食べものを摂取することで起こります。この細菌は小腸に入ると毒素を放出し、しばしば下痢を起こします。

ウェルシュ菌によって胃腸炎などのいくつかの病気が引き起こされます。菌株によっては、軽度から中等度の胃腸炎が起こり、治療しなくても回復しますが、重度の胃腸炎 を引き起こして小腸に損傷を与え、ときに死に至らしめる菌株もあります。通常、ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)食中毒の集団発生は、汚染された牛肉、鶏肉、グレービーソース、乾燥食品、加熱調理済み食品が原因で起こります。ウェルシュ菌の中には、十分に加熱調理しても死滅しない菌株があります。

症状

汚染された食べものを食べてから約6~24時間で胃腸炎が始まります。最もよくみられる症状は水様性下痢と腹部けいれんです。通常は軽度ですが、腹痛、ガスによる腹部の膨張(膨隆)、重度の下痢、脱水、重度の血圧低下(ショック)が起こることもあります。ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)食中毒の症状は、通常24時間続きます。

診断

  • 医師による評価

  • ときに汚染された食べものの検査

ある地域でウェルシュ菌(Clostridium perfringens)食中毒が集団発生している場合は、通常はこの食中毒の可能性が疑われます。汚染された食べものを検査してウェルシュ菌 Clostridium perfringensの有無を確認することで診断が確定します。

予防

  • 食事の残り物はすぐに冷蔵庫に入れ、食べる際には十分に再加熱する

感染の予防には、加熱調理した肉の残り物はすぐに冷蔵庫に入れ、その後食事に出す前には十分に再加熱するようにします。

治療

  • 水分補給と安静

患者は水分の補給を受け、安静を保つように指示されます。抗菌薬は投与しません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP