Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

胃酸の薬物治療

執筆者:

Nimish Vakil

, MD, University of Wisconsin School of Medicine and Public Health

最終査読/改訂年月 2020年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

消化性潰瘍胃炎胃食道逆流症(GERD)などのいくつかの胃の病気には胃酸が関与しています。胃に存在する酸の量は通常、このような病気の患者では正常ですが、胃と腸の損傷の治療や症状の緩和には、胃酸の量を減らすことが重要です。

プロトンポンプ阻害薬

プロトンポンプとは化学的過程の名称であり、これによって胃から酸が分泌されます。プロトンポンプ阻害薬は胃酸の分泌を最も強く抑制する薬です。プロトンポンプ阻害薬は、ヒスタミンH2受容体拮抗薬と比較して、より多くの人でより短期間に潰瘍の治癒を促進するため、潰瘍の治療では通常はH2受容体拮抗薬よりもよく使用されます。この薬は重度の胃炎(出血がある場合など)や重度のGERDに使用されます。プロトンポンプ阻害薬はゾリンジャー-エリソン症候群など、胃酸分泌が過剰になる病気の治療にも非常に有用です。

プロトンポンプ阻害薬は経口または静脈を介して投与されます。通常はとても忍容性が良好な薬ですが、下痢、便秘、頭痛を引き起こす場合があります。プロトンポンプ阻害薬を長期間使用すると、ビタミンB12、鉄、マグネシウム、カルシウムの吸収が低下することがあります。

ヒスタミンH2受容体拮抗薬

体内で自然に生成される物質であるヒスタミンには、いくつかの役割があります。ヒスタミンはアレルギー反応を引き起こす主要な物質の1つです。そのため、何かに対してアレルギー反応を起こしている人に抗ヒスタミン薬(ヒスタミン受容体拮抗薬)が投与されます。ヒスタミンはまた、胃酸を生成するように体に信号を送るのにも役立ちます。そのため、ヒスタミンH2受容体拮抗薬と呼ばれる特定のタイプの抗ヒスタミン薬が胃酸を減らすために使用されます。したがって、H2受容体拮抗薬はプロトンポンプ阻害薬が用いられる病気の多くに使用されます。

H2受容体拮抗薬は1日1回または2回、経口または静脈を介して投与されます。H2受容体拮抗薬は重篤な副作用を起こすことは通常はありません。しかし、すべてのH2受容体拮抗薬が下痢、発疹、発熱、筋肉痛、錯乱を引き起こすことがあります。シメチジンは、男性で乳房の腫大勃起障害を引き起こすことがあります。またシメチジンに加え、程度は低いものの他のH2受容体拮抗薬も、喘息に用いられるテオフィリン、過剰な血液凝固に用いられるワルファリン、けいれん発作に用いられるフェニトインなどの一部の薬が体内から排出されるのを妨げます。

制酸薬

制酸薬は、すでに分泌されている胃酸を中和し、それによって胃のpH値を上げる(酸性度を下げる)化学物質です。制酸薬は胃酸によって引き起こされる軽い症状に対しては単独で使用されることがあります。しかし、制酸薬はそれ自体では、潰瘍や重度の胃炎などの胃酸関連の深刻な病気の十分な治療にはなりません。このような病気では、治療の初期の段階で症状を緩和するために、通常は、制酸薬がプロトンポンプ阻害薬またはH2受容体拮抗薬とともに用いられます。制酸薬の有効性は、薬の摂取量と胃酸の分泌量によって異なります。ほとんどすべての制酸薬は医師の処方せんなしで購入でき、錠剤とシロップが利用できます。ただし、制酸薬は様々な薬の吸収を妨げる可能性があるため、服用する前に、起こりうる薬物間相互作用について薬剤師に相談する必要があります。

炭酸水素ナトリウム(重曹)と炭酸カルシウムは最も強力な制酸薬で、短期間の症状緩和を素早く得るために用いられることがあります。しかし、これらは血液中に吸収されるため、使用し続けると血液がアルカリ性に傾き過ぎることがあり(アルカローシス)、吐き気、頭痛、筋力低下が起こります。したがって、これらの制酸薬は一般的には数日以上にわたって大量に使用してはいけません。また、これらの制酸薬には塩分が多量に含まれていて、食事の塩分を制限されている人、心不全の人、高血圧の人は使用してはいけません。

水酸化アルミニウムは比較的安全で、広く使われている制酸薬です。しかし、アルミニウムが消化管でリン酸と結合することで、体内のカルシウムの欠乏、血液中のリン濃度の低下が生じ、筋力低下、吐き気、食欲不振が起こることがあります。これらの副作用のリスクは、アルコール依存症の人や低栄養の人、透析患者を含む腎疾患がある人では高くなります。水酸化アルミニウムの服用で便秘になることもあります。

水酸化マグネシウムは水酸化アルミニウムより効果が高い制酸薬です。この制酸薬は速く作用して酸を効果的に中和します。ただし、マグネシウムは下剤でもあります。1日に大さじ数杯分を摂取する程度であれば排便も正常に保たれます。1日5回以上摂取すると下痢を起こすことがあります。少量のマグネシウムが血液中へと吸収されるため、腎臓に障害がある人では水酸化マグネシウムの用量を低く抑える必要があります。下痢を制限するため、制酸薬の多くは水酸化マグネシウムと水酸化アルミニウムを両方含んでいます。

心疾患、高血圧、または腎疾患がある人は制酸薬を選ぶ前に、医師に相談してください。

胃酸のための他の薬

スクラルファートは、潰瘍の基部に保護膜を形成して治癒を促すことで、効果が得られることがあります。消化性潰瘍には効果が高く、制酸薬の代替として適切です。スクラルファートは1日2~4回服用し、血液中に吸収されないため副作用はほとんど起こりません。しかし、便秘を起こしたり、他の薬の有効性を低下させたりすることがあります。

ミソプロストールは、NSAIDによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍が発生する可能性を減らすために用いられることがあります。ミソプロストールは、胃酸の分泌を抑制し、胃酸に対する胃粘膜の抵抗力を高めることで、効果が得られることがあります。高齢者、コルチコステロイドを服用している人、潰瘍の病歴または潰瘍による合併症の病歴がある人は、NSAIDの使用で潰瘍が発生するリスクが高くなります。このような人は、食事やNSAIDとともにミソプロストールを服用することができます。しかし、ミソプロストールを服用した人の30%に下痢などの消化器の問題が起こります。さらに、妊婦が服用すると自然流産を起こす可能性があります。 アスピリン、NSAID、またはコルチコステロイドを服用している人では、ミソプロストールの代替薬が利用できます。そうした代替薬(例えばプロトンポンプ阻害薬)は、潰瘍の発生率を低下させる効果がミソプロストールと同程度で、副作用はより少なくなります。

icon

胃酸の治療に使用される薬

治療薬の種類

主な副作用

備考

制酸薬

  • 水酸化アルミニウム

  • 炭酸カルシウム

  • 水酸化マグネシウム

  • 炭酸水素ナトリウム

水酸化アルミニウム:吐き気、頭痛、筋力低下、食欲不振、便秘

水酸化マグネシウム:下痢

これらの薬は、治癒のためではなく、主に症状の緩和に使われる。

ヒスタミンH2受容体拮抗薬

  • シメチジン

  • ファモチジン

  • ニザチジン

発疹、発熱、下痢、筋肉痛、錯乱

シメチジン:男性で乳房腫大および勃起障害の可能性、一部の薬の排出が妨げられる可能性

1日1回の用量を夕方か就寝時に服用する。午前中に服用すると効果が低くなる。

プロトンポンプ阻害薬

  • エソメプラゾール

  • ランソプラゾール

  • オメプラゾール

  • パントプラゾール

  • ラベプラゾール

下痢、便秘、頭痛

これらの薬は通常はよく耐えられ、胃酸を最も効果的に減らす手段である。

胃酸のための他の薬

  • ミソプロストール

  • スクラルファート

ミソプロストール:腹部けいれん、自然流産、下痢

スクラルファート:他の薬の吸収低下の可能性、便秘

ミソプロストールはその副作用のために、胃の病気の治療に使用されることはめったにありません。

スクラルファートは胃酸の分泌には影響しませんが、胃潰瘍を覆って酸から保護します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP