Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

胃炎と消化性潰瘍に関する序

執筆者:

Nimish Vakil

, MD, University of Wisconsin School of Medicine and Public Health

最終査読/改訂年月 2020年 3月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

通常、 胃は大きな豆のような形の筋肉でできた中空の臓器で、以下の3つの部分から成ります。 噴門(ふんもん)部 胃体(胃底)部 胃前庭部 (消化器系の概要も参照のこと。) さらに読む の内面は、ある種の防御機構により保護されています。胃の内面にある細胞は粘液と重炭酸塩を分泌します。胃の内面は粘液で覆われており、胃酸や消化酵素で損傷しないように保護されています。粘液中や粘液下の重炭酸塩は胃酸の中和を助けます。例えばピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリHelicobacter pylori)やアスピリンにより、このような防御機構が破壊されると、胃炎 胃炎 胃炎とは、胃の粘膜の炎症です。 胃炎は、感染、重度の疾患によるストレス、損傷、ある種の薬、免疫系の病気など、様々な要因によって起こります。 胃炎の症状が発生する場合、腹痛や腹部不快感、ときには吐き気や嘔吐などがみられます。 診断は、多くの場合患者の症状に基づいて下されますが、内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器)で胃を調べなければならないこと... さらに読む 胃炎 消化性潰瘍 消化性潰瘍 消化性潰瘍(かいよう)とは、胃や十二指腸の内面が胃酸や消化液で侵食されて、円形やだ円形の傷ができた状態をいいます。 消化性潰瘍は、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)感染や、胃や十二指腸の粘膜を衰弱させる薬によって生じることがあります。 潰瘍による不快感が生じたり消えたりしますが、この不快感は食べることで胃酸が... さらに読む 消化性潰瘍 が発生する可能性があります。利用可能な多くの治療選択肢があります(胃酸の薬物治療 胃酸の薬物治療 消化性潰瘍、胃炎、胃食道逆流症(GERD)などのいくつかの胃の病気には胃酸が関与しています。胃に存在する酸の量は通常、このような病気の患者では正常ですが、胃と腸の損傷の治療や症状の緩和には、胃酸の量を減らすことが重要です。 プロトンポンプとは化学的過程の名称であり、これによって胃から酸が分泌されます。プロトンポンプ阻害薬は胃酸の分泌を最も... さらに読む を参照)。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP