Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

胃炎と消化性潰瘍に関する序

執筆者:

Nimish Vakil

, MD, University of Wisconsin School of Medicine and Public Health

最終査読/改訂年月 2020年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

胃炎消化性潰瘍は、胃や十二指腸(小腸の最初の部分)の内面が損傷を受ける病気です。通常は以下が原因で起こります。

ゾリンジャー-エリソン症候群では、通常は十二指腸、膵臓、または隣接する構造にできるまれな腫瘍によってガストリンと呼ばれるホルモンが分泌され、それにより胃酸の分泌が過剰になります。

通常、の内面は、ある種の防御機構により保護されています。胃の内面にある細胞は粘液と重炭酸塩を分泌します。胃の内面は粘液で覆われており、胃酸や消化酵素で損傷しないように保護されています。粘液中や粘液下の重炭酸塩は胃酸の中和を助けます。例えばピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリHelicobacter pylori)やアスピリンにより、このような防御機構が破壊されると、胃炎消化性潰瘍が発生する可能性があります。利用可能な多くの治療選択肢があります(胃酸の薬物治療を参照)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP