Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肛門直腸膿瘍

執筆者:

Parswa Ansari

, MD, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肛門直腸膿瘍(のうよう)は、肛門や直腸の粘液分泌腺に細菌が入り、そこに膿がたまった状態です。

  • 細菌が肛門または直腸の閉鎖された分泌腺に感染し、膿瘍を起こします。

  • 感染により膿が生じ、痛みと腫れを引き起こします。

  • 診断は、診察の結果と、必要に応じて画像検査の結果に基づいて下されます。

  • 膿瘍を切開して膿を排出するのが最善の治療法です。

直腸は肛門の上にある消化管の一部で、便が肛門を通って体外に排出されるまで便が蓄えられる部分です。肛門は消化管の末端にある開口部で、便が体外に排出されるときの出口になる部分です。(肛門と直腸の概要も参照のこと。)

消化器系

消化器系

膿瘍は、直腸の深い部分や肛門の出口に近い部分にもできます。肛門または直腸の粘液分泌腺が閉鎖され、細菌が増殖すると、膿瘍が生じます。肛門には細菌が多く存在しますが、血流量が豊富なため普通は感染が起こることはありません。感染が起きるときは通常、異なる種類の細菌の混合感染によって起こります。

膿瘍は周囲の組織にかなりの損傷を生じ、まれに便失禁につながることがあります。クローン病の人は特に膿瘍が生じるリスクが高くなります。憩室炎(けいしつえん)や骨盤内炎症性疾患の合併症として膿瘍が起こることもあります。

症状

膿瘍が皮膚のすぐ下にできると、膿瘍は赤く腫れて、圧痛が生じ、ひどく痛みます。まれですが発熱もみられます。

膿瘍が直腸深くにできると、痛みは軽めになりますが、発熱や下腹部の痛みが起こることがあります。

診断

  • 医師による評価

  • まれにCT検査

膿瘍が肛門周囲の皮膚にある場合は、通常医師は視診で確認できます。肛門の外側に腫れや発赤が見えない場合は、医師が手袋をはめた指で直腸を診察することで肛門直腸膿瘍の診断を下すことができます。直腸内に圧痛を伴う腫れがあれば膿瘍が疑われます。深部の膿瘍またはクローン病が疑われる場合は、CT検査で病変の広がりと位置を知ることができます。

治療

  • 膿瘍の切開と膿の排出

  • 一部の患者では抗菌薬

膿瘍が皮膚のすぐ下にある場合は、局所麻酔をして感覚を麻痺させてから膿瘍を切開して、膿を排出します。

膿瘍がより深い部分にある場合は、通常は入院した上で、全身麻酔をしてから手術室で膿瘍からの排膿を行います。

たとえ適切な治療を施しても、排膿後の膿瘍から肛門または直腸と皮膚をつなぐ異常な通路(肛門直腸瘻[ろう]と呼ばれます)が形成されます。

抗菌薬は免疫機能の低下、糖尿病、または体の他の部分の感染症がある場合にのみ使用されるのが一般的です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP