Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

肛門のかゆみ

(肛門そう痒症)

執筆者:

Parswa Ansari

, MD, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York

最終査読/改訂年月 2018年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

肛門(消化管の末端にある開口部で、便が体外に排出されるときの出口になる部分です)とその周辺の皮膚(肛門周囲の皮膚)のかゆみは、肛門そう痒症と呼ばれています。

原因

肛門のかゆみの最も一般的な原因は以下のものです。

  • 不明(大多数)

  • 衛生状態に関連するもの

ほとんどの場合、肛門のかゆみの原因として特定の病気は特定されず、治療しなくても時間が経過するとかゆみは消えます。その他の肛門のかゆみの原因の多くは衛生問題によるものです。蟯虫 蟯虫感染症 蟯虫(ぎょうちゅう)感染症は、腸に寄生する線虫の一種である蟯虫によって引き起こされる感染症で、通常は小児に発生します。 蟯虫の虫卵を飲み込むことによって感染が起こります。 この感染症では、肛門周囲にかゆみが生じることがあります。 この感染症は、肛門周辺で、虫卵や、ときに成虫を発見することで診断を下すことができます。 多くの場合、メベンダゾール、アルベンダゾール、またはパモ酸ピランテルなどの抗寄生虫薬を診断時に1回投与し、その2週間後に再... さらに読む 蟯虫感染症 (ぎょうちゅう)や真菌感染症などの特定の病気( 肛門のかゆみの原因 肛門のかゆみの原因 肛門(消化管の末端にある開口部で、便が体外に排出されるときの出口になる部分です)とその周辺の皮膚(肛門周囲の皮膚)のかゆみは、肛門そう痒症と呼ばれています。 (肛門と直腸の概要も参照のこと。) 肛門のかゆみの最も一般的な原因は以下のものです。 不明(大多数) 衛生状態に関連するもの さらに読む )が原因になるケースは、ごくわずかです。具体的な原因のうち、炎症性腸疾患 炎症性腸疾患(IBD)の概要 炎症性腸疾患とは、腸に炎症が起き、しばしば腹痛と下痢が繰り返し起こる病気です。 炎症性腸疾患としては、主に以下の2種類の病気があります。 クローン病 潰瘍性大腸炎 この2つの病気には多くの共通点があり、ときに判別が難しいことがあります。しかし2つの病気にはいくつかの違いがあります。例えば、クローン病は消化管のほぼすべての部分に起こりうるの... さらに読む や肛門周囲の皮膚のがんなど、まれなものだけが重篤と考えられていれます。

極端な衛生状態が、肛門のかゆみにつながる可能性があります。例えば、十分清潔にしていない場合、刺激感を生じる便や汗の残留物が肛門の皮膚に残ります。それより多いのは、しばしば衛生ウェットティッシュや強力な石けんによって、過度に力を入れて洗浄することで、皮膚の乾燥や刺激感、またはときにアレルギー反応を引き起こすことがあります。痔核 痔核 痔核は直腸の下部や肛門の粘膜にある静脈が膨らみ、こぶ状になった状態(静脈瘤)です。 血圧の上昇により静脈の腫れが生じます。 肛門の内側または外側にしこりが生じ、痛んだり、出血したりします。 診断は、肛門鏡、S状結腸内視鏡、あるいは大腸内視鏡により肛門と直腸を検査して行います。 痔核のほとんどの症状は治療をしなくても消えますが、繊維摂取、便軟化剤、坐浴により症状が緩和することがあります。 さらに読む 痔核 があると、排便後に完全に洗浄することが困難になる可能性があります。一部の痔核では粘液が出たり、便が漏れたりすることがあり、どちらの場合もかゆみが生じます。

幼児と高齢者では、排尿や排便のコントロールに問題が出ることがあります(それぞれ尿失禁 成人の尿失禁 尿失禁とは、自分では意図せずに尿が漏れることです。 尿失禁は、男女とも年齢を問わず起きる可能性がありますが、女性と高齢者でより多くみられ、高齢女性の約30%、高齢男性の約15%が尿失禁を起こしています。尿失禁は高齢者でより多くみられるものの、加齢に伴う正常な変化の一部ではありません。尿失禁は、利尿効果のある薬を服用した場合のように突然で一時的なこともあれば、長期にわたって持続すること(慢性)もあります。慢性の尿失禁であっても、ときに軽減... さらに読む 成人の尿失禁 便失禁 小児の便失禁 便失禁とは、病気や身体的異常によるものではなく、何かのはずみに便を漏らしてしまうことです。 便失禁は4歳児の約3~4%でみられますが、年齢が上がるにつれて少なくなります。たいていは、トイレトレーニングや小学校への入学に関連して起こります。 便失禁の主な原因は以下のものです。 便秘 ときに身体的な原因や病気 さらに読む 便失禁 便失禁とは、排便をコントロールできなくなることです。 便失禁は、下痢発症時に一時的に起こる場合や、直腸に硬い便が滞留して(宿便)起こる場合があります。肛門や脊髄の損傷、直腸脱(直腸粘膜が肛門から外に脱出)、認知症、糖尿病による神経の損傷、肛門腫瘍、出産時の骨盤の損傷がある人は、持続的な便失禁を起こすことがあります。 医師は患者を診察し、構造上の異常や神経学的異常がないか確認します。この際、肛門と直腸の診察、肛門周囲の感覚範囲の確認と、通... さらに読む と呼ばれます)。これらの症状は、皮膚の感染症や肛門のかゆみにつながる刺激感を引き起こすことがあります。

肛門にかゆみが現れ始めると、掻くことでさらにかゆみが引き起こされる、かゆい、掻く、かゆいと続く悪循環が始まることがあります。多くの場合、皮膚に擦り傷が開くほどかゆみのある部分を掻いたり擦ったりします。擦り傷はときに刺激感を引き起こし、さらにかゆみが増すこともあります。また、かゆみに対して使用した軟膏や他の治療薬に対してアレルギーを起こすこともあります。

評価

肛門のかゆみがあっても、必ずしも直ちに医師の評価が必要なわけではありません。以下では、医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

肛門のかゆみがみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 肛門またはその周りからの膿の排出(膿瘻[のうろう])

  • 血性下痢

  • 痔核の膨隆または突出

  • 肛門周囲の皮膚が便で汚れている

  • 肛門周囲の皮膚がくすんでいるまたは肥厚している

受診のタイミング

肛門のかゆみに加えて血性下痢または排膿がある場合は、1日か2日以内に医師の診察を受ける必要があります。それ以外で肛門のかゆみが数日以上持続した場合は医師の診察を受ける必要がありますが、緊急ではありません。

医師が行うこと

病歴聴取では、かゆみがいつ始まって、どれくらい続いているかに重点が置かれます。医師は、以下の点について尋ねます。

  • 刺激性の食べものの摂取、特に酸性の食品や香辛料の効いた食品

  • 排便習慣(肛門に使用した、ウェットティッシュ、軟膏[かゆみの治療に使用したものも含む]、スプレー、石けんを含む)

  • 衛生習慣(特にシャワーや入浴の頻度)

  • 判明している感染症や病気(糖尿病、痔核、乾癬[かんせん]など)

  • 最近の抗菌薬の使用

身体診察では、肛門とその周辺の皮膚の外見に重点が置かれます。医師はこの部分を調べて以下のものがないか確認します。

icon

検査

肛門やその周りに異常が確認されなかった場合、医師は通常は検査を行わず、単に症状の治療を行います。目で確認できる異常があれば、肛門周辺の皮膚擦過物を調べて、真菌感染症の可能性を否定します。ときには局所麻酔を行って、組織の小片を切除し、顕微鏡で調べることがあります(皮膚生検)。

医師は、短い硬性のチューブで肛門を調べ(肛門鏡検査と呼ばれる)、内痔核の有無を確認することもあります。

治療

  • 原因の治療

  • 衛生管理と症状の緩和

肛門のかゆみに対しては、原因になっている基礎疾患を治療するのが最善の方法です。例えば、寄生虫感染症(蟯虫など)に対しては薬を服用し、真菌感染症(カンジダ Candidaなど)に対してはクリームを塗布することがあります。

刺激性の食べものをしばらく食事から除去したり摂取するのを避けたりして、かゆみが軽減するかどうか確認することがあります。可能であれば、抗菌薬の使用を中止したり、種類を変更します。

衛生管理と症状の緩和

適切な衛生管理が重要です。排便後、脱脂綿や添加物のない柔らかいティッシュペーパーを温水または痔のために特別につくられた市販の洗浄剤で湿らせて、肛門部をきれいにふくようにします。石けんやウェットティッシュは避ける必要があります。

非薬用のコーンスターチやタルカムパウダーを頻繁にまぶすと、過剰な湿気を減らすのに役立ちます。

コルチコステロイド軟膏(1%ヒドロコルチゾンなど)は、しばしば症状の緩和に役立ちます。

衣服はゆったりとしたものにし、寝具も軽いものを使用します。

要点

  • 小児では蟯虫が、成人では衛生上の問題が肛門のかゆみの一般的な原因です。

  • 食べもの、洗剤、石けんが、肛門のかゆみを引き起こすことがあります。

  • 適切な衛生習慣(念入りかつやさしく洗う、強い石けんや化学洗剤を避ける、皮膚の湿気を減らす)が肛門のかゆみの緩和に役立ちます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP