Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

直腸炎

執筆者:

Parswa Ansari

, MD, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

直腸炎とは、直腸の内層(直腸粘膜)の炎症です。

  • 炎症の原因は多く、感染症から放射線療法まで様々です。

  • 原因に応じて、直腸炎は痛みを伴わないこともあれば非常に痛いこともあります。

  • 診断は医師が直腸の内側を診察した後に下されます。

  • 感染症による直腸炎は、抗菌薬を使用することで治療できます。

  • 放射線療法による直腸炎は、抗炎症薬を患部に塗ったり、ときに服用したりすることで治療できます。

直腸は肛門の上にある消化管の一部で、便が肛門を通って体外に排出されるまで便が蓄えられる部分です。(肛門と直腸の概要も参照のこと。)

消化器系

消化器系

患う人が増えてきていますが、直腸炎にはいくつかの原因があります。クローン病潰瘍性大腸炎が原因で生じることがあります。また、性感染症淋菌感染症梅毒クラミジア・トラコマチス感染症単純ヘルペスウイルス感染症など)の結果としても生じ、特に男性と性行為を行う男性によくみられます。

免疫機能が低下している人も直腸炎を発症するリスクが高く、特に単純ヘルペスウイルスやサイトメガロウイルスによる感染症から発症する可能性が高まります。

直腸炎はまた、性行為以外で感染する一部の細菌(サルモネラ属 Salmonella)によって引き起こされたり、抗菌薬の使用で腸内の常在菌が減少して他の細菌(クロストリジウム・ディフィシル Clostridium difficileクロストリジウム・ディフィシル腸炎を参照)が替わりに増殖できるようになることで発症する場合もあります。

直腸炎のさらに別の原因として、前立腺がんや直腸がんの治療のためによく行われる直腸や直腸周囲への放射線療法があります。

症状

典型的な直腸炎では、排便時の痛みを伴ういきみや、痛みを伴わない出血、直腸からの粘液の排出などがみられます。原因が淋菌感染症、単純ヘルペスウイルス、またはサイトメガロウイルスの場合は、肛門と直腸に激しい痛みを感じることがあります。

診断

  • 直腸鏡検査またはS状結腸鏡検査

  • 血液検査と便検査

  • 場合により大腸内視鏡検査

直腸炎の診断を下すには、直腸鏡やS状結腸内視鏡(直腸を観察するため管状の機器―内視鏡検査を参照)で直腸内部を観察し、直腸粘膜の擦過サンプルや組織サンプルを採取して調べます。その後検査室で、直腸炎の原因とみられる細菌、真菌、またはウイルスが特定できます。

梅毒の有無を調べる血液検査とクロストリジウム・ディフィシル Clostridium difficileの有無を調べる便検査も行われます。

医師は、クローン病や潰瘍性大腸炎がないか、他の部分を大腸内視鏡検査(内視鏡による大腸全体の診察)で調べることもあります。

治療

  • 原因の治療

特定の細菌感染症が直腸炎の原因であれば、抗菌薬の使用が最善の治療法です。腸内の常在菌を減少させる抗菌薬の使用が直腸炎の原因であれば、医師はメトロニダゾールやバンコマイシンを処方することがあり、これらは常在菌に取って代わった有害な細菌を駆除します。

直腸炎の原因が放射線療法である場合は、抗炎症薬を浣腸または内服で使用することで治療できる場合があります。

直腸炎により直腸内面から出血した場合、アルゴンプラズマ、レーザー、電気凝固術、ヒータープローブを用いて止血できます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP