Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

直腸炎

執筆者:

Parswa Ansari

, MD, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York

最終査読/改訂年月 2018年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

直腸炎とは、直腸の内層(直腸粘膜)の炎症です。

  • 炎症の原因は多く、感染症から放射線療法まで様々です。

  • 原因に応じて、直腸炎は痛みを伴わないこともあれば非常に痛いこともあります。

  • 診断は医師が直腸の内側を診察した後に下されます。

  • 感染症による直腸炎は、抗菌薬を使用することで治療できます。

  • 放射線療法による直腸炎は、抗炎症薬を患部に塗ったり、ときに服用したりすることで治療できます。

消化器系

消化器系

患う人が増えてきていますが、直腸炎にはいくつかの原因があります。 クローン病 クローン病 クローン病は、炎症性腸疾患の一種で、一般的には小腸の下部、大腸、またはその両方に慢性炎症が生じますが、炎症は消化管のどの部分にも現れる可能性があります。 正確な原因は分かっていませんが、免疫システムが正常に機能していないことでクローン病が起こる可能性があります。 典型的な症状としては、慢性の下痢(血性となることもある)、けいれん性の腹痛、発熱、食欲不振、体重減少などがあります。... さらに読む クローン病 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎とは、大腸に炎症が起こり、潰瘍が形成される慢性炎症性腸疾患で、出血性の下痢や腹部のけいれん痛、発熱を伴う発作が起きます。潰瘍性大腸炎がない人と比べて、結腸がんの長期リスクが高まります。 この病気の正確な原因は分かっていません。 発作時の典型的な症状は、腹部のけいれん痛、便意の切迫、下痢(血性下痢が典型的)などです。 診断は、S状結腸内視鏡検査か、ときに大腸内視鏡検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む が原因で生じることがあります。また、 性感染症 性感染症(STD)の概要 性感染症(性病)とは、例外はあるものの、一般的には性的接触によって人から人に感染する病気のことです。 性感染症を引き起こす病原体の種類としては、細菌、ウイルス、原虫などがあります。 キスや濃厚な体の接触を介して広がる感染症もあります。 感染が体の他の部分に広がり、ときには深刻な結果に至る場合もあります。... さらに読む 性感染症(STD)の概要 淋菌感染症 淋菌感染症 淋菌感染症(淋疾、淋病)は淋菌 Neisseria gonorrhoeaeという細菌による性感染症で、尿道、子宮頸部、直腸、のどなどの粘膜や、眼の前部を覆う膜(結膜と角膜)を侵します。 通常は性的接触により感染します。 通常は、陰茎や腟から分泌物が生じたり、頻尿になったり、急に尿意を催したりします。 まれに、淋菌が関節、皮膚、心臓に感染することもあります。 分泌物の顕微鏡検査や培養検査、DNA検査のほか、尿のDNA検査により感染を発見す... さらに読む 淋菌感染症 梅毒 梅毒 梅毒は、梅毒トレポネーマ Treponema pallidumという細菌によって引き起こされる性感染症です。 梅毒の症状は、見かけ上は健康な時期をはさんで、3段階で生じます。 まず患部に痛みのない潰瘍が現れ、第2期では、発疹、発熱、疲労感、頭痛、食欲減退がみられます。 治療しないでいると、第3期には、大動脈、脳、脊髄、その他の臓器が侵されることがあります。 医師は通常、患者に梅毒があることを確認するために2種類の血液検査を行います。 さらに読む 梅毒 クラミジア・トラコマチス感染症 クラミジア感染症とその他の感染症 クラミジア感染症には、クラミジア・トラコマチス Chlamydia trachomatisという細菌により生じる、尿道、子宮頸部、直腸の性感染症などがあります。これらの細菌は、白眼の部分を覆う膜(結膜)やのどにも感染します。ウレアプラズマ属 Ureaplasmaやマイコプラズマ属 Mycoplasmaなどの他の細菌が尿道の感染症を引き起こすこともあります。 症状には、陰茎や腟からの分泌物、排尿時の痛みや頻尿などがあります。... さらに読む クラミジア感染症とその他の感染症 単純ヘルペスウイルス感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症では、皮膚、口、唇(口唇ヘルペス)、眼、性器に、液体で満たされた、痛みのある小さな水疱が繰り返し発生します。 非常に感染力の強いウイルス感染症であり、潰瘍に直接触れたり、ときには潰瘍がない場合でも患部に触れることで感染します。 ヘルペスウイルスは口の中や性器に水疱や潰瘍を引き起こし、最初の感染時には、発熱と全身のだるさが生じることがよくあります。... さらに読む 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 など)の結果としても生じ、特に男性と性行為を行う男性によくみられます。

免疫機能が低下している人も直腸炎を発症するリスクが高く、特に単純ヘルペスウイルスやサイトメガロウイルスによる感染症から発症する可能性が高まります。

直腸炎のさらに別の原因として、前立腺がんや直腸がんの治療のためによく行われる直腸や直腸周囲への放射線療法があります。

症状

典型的な直腸炎では、排便時の痛みを伴ういきみや、痛みを伴わない出血、直腸からの粘液の排出などがみられます。原因が淋菌感染症、単純ヘルペスウイルス、またはサイトメガロウイルスの場合は、肛門と直腸に激しい痛みを感じることがあります。

診断

  • 直腸鏡検査またはS状結腸鏡検査

  • 血液検査と便検査

  • 場合により大腸内視鏡検査

梅毒の有無を調べる血液検査とクロストリジウム・ディフィシル Clostridium difficileの有無を調べる便検査も行われます。

医師は、クローン病や潰瘍性大腸炎がないか、他の部分を大腸内視鏡検査(内視鏡による大腸全体の診察)で調べることもあります。

治療

  • 原因の治療

特定の細菌感染症が直腸炎の原因であれば、抗菌薬の使用が最善の治療法です。腸内の常在菌を減少させる抗菌薬の使用が直腸炎の原因であれば、医師はメトロニダゾールやバンコマイシンを処方することがあり、これらは常在菌に取って代わった有害な細菌を駆除します。

直腸炎の原因が放射線療法である場合は、抗炎症薬を浣腸または内服で使用することで治療できる場合があります。

直腸炎により直腸内面から出血した場合、アルゴンプラズマ、レーザー、電気凝固術、ヒータープローブを用いて止血できます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP