Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

胃石

執筆者:

Raghav Bansal

, MBBS, Ichan School of Medicine at Mount Sinai, NY;


Aaron E. Walfish

, MD, Mount Sinai Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

胃石は、部分的に消化された物質や消化されなかった物質が集まって密に固まったものであり、胃や腸の中で動かなくなることがあります。

  • 消化できない物質のかたまりが胃の中で動かなくなることがあります。

  • ほとんどの胃石は症状を引き起こしません。

  • 診断はX線検査などの画像検査や内視鏡による消化管の観察結果に基づいて下されます。

  • ほとんどの胃石は、器具の使用や薬剤の服用により細かく分解するか、手術で取り除く必要があります。

胃は胃石(部分的に消化されたものや消化されなかったものが集まって固くなったもの)が集まりやすい部位です。胃石は消化管の狭くなった部分を通過できないため、消化管の中で動かなくなることがあります。胃石はほとんどの場合、胃に蓄積しますが、消化管の他の部分に蓄積することもあります。直径が約2センチメートルを超える胃石は、大半が胃を通過できませんが、これは、胃の内容物が十二指腸(小腸の始まりの部分)に入る際に必ず通る出口(幽門括約筋)が狭くなっているためです。

胃石にはいくつかの種類があり、その成分によって以下のように分類されます。

  • 植物胃石は最も一般的で、果物や野菜の繊維、皮、種などの消化できない物質でできています。

  • 柿胃石は、植物胃石の一種で、柿の成分でできています。

  • 毛髪胃石は、毛髪が部分的に消化されたものでできています。

  • 薬物胃石は、薬(制酸薬など)が集まって固くなったものでできています。

胃石は、そのほかにもティッシュペーパーや発泡スチロール製品(カップなど)といった、様々な物質でできている場合もあります。

胃石の危険因子

食べものなどが固まる現象自体は小児を含む誰にでも起こりえますが、特定の危険因子をもつ人では特に多くみられます。

一般的な危険因子としては以下のものがあります。

高齢者で比較的多くみられる危険因子としては以下のものがあります。

  • 歯がまったくない

  • 入れ歯が合っていない

  • 食べものをよく噛まない

  • 胃酸の量が少ない(低酸症)

毛髪胃石は、精神障害があって自分の毛髪を噛んで飲み込んでしまう若い女性で最もよくみられます。

症状

ほとんどの胃石は消化管を完全にふさぐわけではないため、症状を引き起こしません。しかし、通常量の食事の後に強い満腹感を覚えたり、吐き気、嘔吐、痛みが現れたりすることもあります。食欲がなくなって、体重が減ることもあります。

胃石の合併症

ときに胃石が消化管の粘膜を傷つけ、出血を引き起こし、それにより便に血液が認められる場合があります(消化管出血を参照)。

胃石が胃や小腸、まれに大腸を部分的または完全にふさいでいる場合、けいれん、腹部膨満、食欲不振、吐き気、嘔吐が生じることがあります(腸閉塞を参照)。ときに胃石によって腸重積(スライドさせて伸ばす望遠鏡のように、腸の一部が別の部分の中にすべり込んだ状態)が起こり、腸がふさがれることがあります。治療せずにいると、腸重積により腸の組織の一部が壊死することもあります。

また胃石は、まれに消化管の穿孔(せんこう)を引き起こすこともあります。穿孔が起きると、食べもの、消化液、腸の内容物(便など)が腹腔内に漏れ出します。こうした漏れは腹膜炎(腹腔の炎症)の原因になるため、緊急の治療が必要です。

診断

  • 画像検査

  • 内視鏡検査

しばしば胃石は、X線検査CT検査超音波検査など、腹部の画像検査で確認できます。

胃石の診断を確定し、原因が腫瘍ではないことを確認するために、通常は内視鏡検査(内視鏡という柔軟性のある管状の機器で消化管を観察する検査)が行われます。内視鏡検査では、胃石を採取して顕微鏡で調べて、その成分(毛や植物など)を確認することがあります。医師は内視鏡検査の際に胃石を砕いて除去するよう努めます。

治療

  • 胃石を溶かす対策

  • 内視鏡検査

  • ときに手術

症状が軽い場合は、胃石の分解や溶解を促すために、コーラやセルラーゼが処方されることがあります。セルラーゼは水に溶かして、2~5日間服用します。メトクロプラミドという別の経口薬が処方される場合もあります。この薬は、消化管の内容物が胃と腸を通過する動きを促進します。

胃石が溶けない場合や中等度から重度の症状がみられる場合は、内視鏡検査を行う際に胃石の除去を試みます。

内視鏡検査では、胃の通過や胃石の除去が容易になるように、鉗子(かんし)、レーザー、その他の器具を使って胃石を細かく砕くこともあります。

岩のように硬い胃石(柿でできた胃石など)は、通常は手術で取り除く必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP