Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

腹壁ヘルニア

執筆者:

Parswa Ansari

, MD, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

腹壁ヘルニアは、腹壁の開口部や弱くなった部分に、腹腔の内容物が突出することによって生じます。

  • 腹壁ヘルニアによって顕著な膨らみが生じますが、不快感はほとんどありません。

  • 診断は身体診察のほか、ときに超音波検査またはCT(コンピュータ断層撮影)検査によって下されます。

  • 治療としてはヘルニアを修復するための手術が行われます。

消化管救急疾患の概要も参照のこと。)

腹部ヘルニアは非常に一般的で、特に男性でよくみられます。米国では、ヘルニアの手術が毎年約70万件行われています。通常、ヘルニアは生じた部位によって名称がつけられています。

腹壁はほとんどの部分で厚く丈夫なため、ヘルニアは通常、以前にあった開口部が閉鎖した脆弱な部位に生じます。重い物を持ち上げたりいきんだりすると、ヘルニアがさらに明確になることがありますが、ヘルニアができることはありません。

鼠径部(そけいぶ)のヘルニア

鼠径部のヘルニアには以下のものがあります。

  • 鼠径ヘルニア

  • 大腿ヘルニア

鼠径ヘルニアは、鼠径部のしわや陰嚢(いんのう)に生じます。男性に多くみられます。ヘルニアが生じている正確な場所に応じて、直接ヘルニアと間接ヘルニアの2種類があります。鼠径ヘルニアは小児にもみられます。

大腿ヘルニアは、大腿の中ほどの鼠径部のしわのすぐ下の、大腿動脈と大腿静脈が腹部を出て脚に入る、太ももの中心部分に生じることがあります。このタイプのヘルニアは女性に多くみられます。

腹壁ヘルニア

腹壁ヘルニアには以下のものがあります

  • 臍(さい)ヘルニア

  • 上腹壁ヘルニア

  • 腹壁瘢痕(はんこん)ヘルニア

臍ヘルニアはへそ(臍部)周囲に生じます。多くの新生児で、へその緒(臍帯[さいたい])の血管の開口部が完全に閉じていないために、小さな臍ヘルニアがみられます。年齢の低い小児では、臍ヘルニアが自然に閉じているかどうか確認するために医師がモニタリングすることがあります。

成人では、肥満、妊娠、または腹部の過剰な体液(腹水)のために臍ヘルニアがみられることがあります。

上腹壁ヘルニアは上腹壁の正中線上(へその上)にもともと存在する小さな欠損部に生じます。

腹壁瘢痕ヘルニアは手術による腹壁の切開部から生じることがあります。このタイプのヘルニアは手術後何年も経過してから生じることがあります。

嵌頓(かんとん)と絞扼(こうやく)

ときに、腸や脂肪の一部がヘルニアにはまりこむ、嵌頓と呼ばれる状態が生じることがあります。嵌頓ヘルニアにより腸が詰まる(閉塞する)ことがあります。まれに、腸がヘルニアに非常にきつく挟まることで腸への血流が絶たれる、絞扼と呼ばれる状態が生じることがあります。絞扼が生じると、わずか6時間で挟まった部分の腸が壊疽(えそ)を起こします。壊疽が生じると、腸壁が壊死し、通常は腸が破裂し、それにより腹膜炎(腹腔が炎症と通常は感染を起こした状態)およびショックが生じ、治療しないでいると死に至ります。

腸の絞扼の原因

腸の絞扼(腸への血流が絶たれた状態)は、通常は3つの原因(絞扼性ヘルニア、腸捻転、腸重積)のいずれかにより起こります。

腸の絞扼の原因

スポーツヘルニア

スポーツヘルニアは、腹壁に開口部や脆弱な部分がないため、真のヘルニアではありません。腹腔の内容物の突出もありません。代わりに、下腹部か鼠径部の、筋肉、腱(けん)、または靱帯(じんたい)が1つ以上裂けます(特に恥骨に付着している部分)。スポーツヘルニアという用語は、鼠径ヘルニアと同じ場所に痛みが生じることに由来している可能性があります。

知っていますか?

  • スポーツヘルニアは本当のヘルニアではありません。腹部でヘルニアがよくみられる部分の、筋肉、腱、または靱帯が裂けたものです。

症状

大半の人では、通常はヘルニアが生じた部位が膨らんでいるのに気づくだけです。物を持ち上げたり、せきをしたり、いきんだ場合にだけヘルニアが現れることもあります。不快感は通常はほとんどまたはまったくなく、膨らみは本人や医師が押して戻す(還納する)ことができます。

嵌頓ヘルニアの場合、通常はより痛みが強く、膨らみを還納することはできません。

絞扼性ヘルニアでは絶え間ない痛みが生じて、徐々に強まり、一般的には吐き気と嘔吐を伴い、還納できず、触れると圧痛があります。

診断

  • 医師の診察

  • ときに画像検査

ヘルニアの診断は、主に診察の結果に基づいて下されます。ヘルニアに似た鼠径部のしこりが、リンパ節の腫れや停留精巣であることがあります。陰嚢の腫れは、精索静脈瘤(精巣からの血液が流れる静脈が太くなる病気)、精液瘤(精子が成熟するまで保管されるコイル状の管[精巣上体]に隣接するところに発生する袋状の嚢胞[のうほう])、精巣の腫瘍である場合があります。

診断の補助に、超音波検査CT検査が行われることがあります。

治療

  • 手術による修復

乳児の臍ヘルニアは絞扼を起こすことはめったになく、治療は行われません。治療をしなくても大半が数年以内に消えます。臍ヘルニアが非常に大きい場合は、乳児が2歳になってから修復を行うこともあります。

成人の臍ヘルニアは、美容上問題になり、患者の都合のよいときに修復することができます(待機手術と呼ばれる)。成人の臍ヘルニアで絞扼や嵌頓が起こることは通常はありませんが、これらの合併症が現れることもあります。

他のタイプのヘルニアはより絞扼を起こしやすいため、診断された場合、通常は手術による修復が行われます。ヘルニアが嵌頓や絞扼を起こしている場合は、直ちに手術が行われます。それ以外では待機手術が行われます。手術による修復は、腹腔内容物が再び滑り出ないように、開口部を閉じるか覆うことを目的に行われます。手術を行えば通常は、ヘルニアの大きさと生じていた不快感の程度に応じてヘルニアの症状が改善されます。

ヘルニアをテープ、包帯などの方法で押さえることで不快感が減ることがありますが、絞扼が生じるリスクが低下したり、開口部が閉鎖するわけではありません。このためこのような治療法は推奨されません。乳児の臍ヘルニアだけは治療をしなくても治ります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP