Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

イレウス

(麻痺性イレウス、腸不全麻痺)

執筆者:

Parswa Ansari

, MD, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

イレウスとは、腸が一時的に正常な収縮運動をしなくなった状態です。

  • 一般的な原因として、腹部の手術や腸の運動を阻害する薬があります。

  • 腹部膨満、嘔吐、便秘、けいれん性の腹痛、食欲不振が生じます。

  • 診断はX線検査によって下されます。

  • 飲食物の経口摂取が中止され、ときには鼻から胃に細い吸引チューブが挿入されることがあります。

消化管救急疾患の概要を参照のこと。)

腸閉塞と同様に、イレウスも腸の内容物の通過を妨げます。ただし、機械的閉塞と違い、イレウスで腸が破裂することはまれです。

イレウスの最も一般的な原因は以下のものです。

  • 腹部手術

イレウスは腹部手術(特に腸に処置を行った場合)の24~72時間後によく起こります。

他の原因として、薬が挙げられます(特にオピオイド鎮痛薬や抗コリン薬[ 抗コリン作用:どんな作用か?]など)。虫垂炎憩室炎(けいしつえん)などの腹腔内感染症によってもイレウスになることがあります。腎不全甲状腺機能低下症(甲状腺の活動が不十分になった状態)、心臓発作、血液中の電解質異常(低カリウム血症高カルシウム血症など)といった腸以外の病気によってイレウスが起こることもあります。

症状

イレウスの症状は、ガスや体液がたまることによる腹部膨満、吐き気、嘔吐、重度の便秘、食欲不振、けいれん性の腹痛です。水様性の便がみられる場合もあります。

診断

  • 医師の診察

  • X線検査

イレウスになると、正常に機能している腸から出る音(腸音)が聴診器を通してもほとんどまたはまったく聞こえません。

腹部X線検査では腸管の膨らみが見えます。

治療

  • 飲食物の経口摂取の一時的な制限

  • 輸液

  • 経鼻胃管による吸引

飲食物の経口摂取の一時的な制限により、イレウスは通常1~3日後に自然に回復します。この期間は、水分や電解質(ナトリウム、塩化物、カリウムなど)を静脈内に投与します。オピオイド鎮痛薬と呼ばれる強力な痛み止め薬は、可能であれば必ず中止するか減量します。

重度の嘔吐はまれですが、発生した場合は、イレウスによってたまったガスや体液を減らさなければなりません。通常、チューブ(経鼻胃管)を鼻から胃または小腸まで入れて吸引し、腸内の圧力を下げ、拡張(膨隆)を緩和します。腸の正常な機能が回復するまでは、飲食できません。ときに、イレウスが主に大腸に生じている場合、チューブを肛門から大腸まで入れて腸内の圧力を下げることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP