Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

胃の良性腫瘍

執筆者:

Elliot M. Livstone

, MD, Sarasota Memorial Hospital, Sarasota, FL

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

の良性腫瘍(がんではない腫瘍)は、症状などの医学的な問題が起きにくいため、しばしば診断や治療がなされずに放置されることがあります。しかし、なかには出血を伴う場合があり、そのときは内視鏡(口から挿入して胃を観察できる柔軟な管状の機器)や通常の手術で切除します。

胃ポリープ(まれな良性の腫瘍で、丸い突起物として胃の内腔に突出するもの)は、がん化することがあります(つまり、胃ポリープは前がん状態です)。このためポリープは通常は内視鏡で切除します。内視鏡で、腫瘍に直接、電流を通したり(電気焼灼術[しょうしゃくじゅつ])、熱を当てたり(熱による除去)、高エネルギーの光線を照射したりします(レーザー光線療法)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP