Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

小腸の良性腫瘍

執筆者:

Elliot M. Livstone

, MD, Sarasota Memorial Hospital, Sarasota, FL

最終査読/改訂年月 2017年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

小腸の腫瘍のほとんどは良性(がんではない腫瘍)です。具体的には脂肪細胞、神経細胞、結合組織細胞、筋肉細胞の腫瘍(順に、脂肪腫、神経線維腫、線維腫、平滑筋腫)があります。

小腸にできる良性腫瘍の大半は症状を引き起こしません。しかし、大きい腫瘍は、血便や、腸の部分的または完全な閉塞、腸管の一部が隣接した部分の腸の中に入り込んだ場合(腸重積と呼ばれる状態 腸重積 腸重積は、スライドさせて伸ばす望遠鏡のように、腸の一部が別の部分の中にすべり込む病気です。はまり込んだ腸の一部は腸を閉塞させ、血流を遮断します。 腸重積の原因は分かっていません。 症状は突然発生する腹痛と嘔吐の発作などで、1時間に数回にわたり現れたり消えたりして、その後に血便がみられることもあります。 空気注腸を行うと診断を確定でき、治療にもなります。 手術が必要になることもあります。 さらに読む )に起きる腸の絞扼(こうやく)を引き起こすことがあります。一部の良性腫瘍はホルモン( ガストリノーマ ガストリノーマ ガストリノーマは、通常は膵臓または十二指腸(小腸の最初の部分)に発生してガストリンというホルモンを過剰に分泌する腫瘍で、ガストリンが胃を刺激して胃酸や消化酵素の分泌を促進することで、消化性潰瘍が生じます。 この種の腫瘍は、ガストリンを作っている膵臓の細胞から発生します。 症状は消化性潰瘍のものと似ていて、具体的には痛みや出血などがみられます。 診断では血液検査や画像検査などを行います。... さらに読む )やホルモン様物質( ビポーマ ビポーマ ビポーマは、血管作動性腸管ペプチドというホルモンを分泌する膵臓のまれな腫瘍で、この物質によって重度の水様性下痢が引き起こされます。 この種の腫瘍は、血管作動性腸管ペプチドを作っている膵臓の細胞から発生します。 主な症状は水様性の下痢です。 診断では血液検査や画像検査などを行います。 治療法は水分および電解質の補充と手術です。 さらに読む )を分泌し、下痢や紅潮などの症状を引き起こすことがあります。

小さな良性腫瘍は、腸の中に挿入した内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器、 内視鏡検査 内視鏡検査 内視鏡検査とは、柔軟な管状の機器(内視鏡)を用いて体内の構造物を観察する検査です。チューブを介して器具を通すことができるため、内視鏡は多くの病気の治療にも使うことができます。口から挿入する内視鏡検査では、食道(食道鏡検査)、胃(胃鏡検査)、小腸の一部(上部消化管内視鏡検査)が観察できます。肛門から挿入する内視鏡検査では、直腸(肛門鏡検査)、大腸下部と直腸と肛門(S状結腸内視鏡検査)、大腸全体と直腸と肛門(大腸内視鏡検査)が観察できます。... さらに読む )を通じて治療を行い破壊できることがあります。このような治療法としては、腫瘍に電流(電気焼灼術[しょうしゃくじゅつ])や熱(熱による除去)を直接加えたり、高エネルギーの光線(レーザー光線療法)を腫瘍に直接照射したりする方法があります。大きくな腫瘍に対しては、手術が必要になることがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP