Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

小腸がん

執筆者:

Elliot M. Livstone

, MD, Sarasota Memorial Hospital, Sarasota, FL

最終査読/改訂年月 2017年 9月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
  • 血便がよくみられる症状ですが、がんによって腸がふさがれ、けいれん性の腹痛や嘔吐が生じることがあります。

  • 診断は、ゾンデ法による小腸造影検査、内視鏡検査、バリウムX線検査など様々な腸の観察方法の結果に基づいて下されます。

  • 手術による切除が最善の治療法です。

小腸の悪性腫瘍(がん)は非常にまれであり、米国で1年間に発症する患者は約10,090人です。小腸 小腸 十二指腸は小腸の最初の部分で、胃から食べものが運ばれます。食べものは、幽門(ゆうもん)括約筋を通って、小腸が消化できるように少しずつ十二指腸に送られます。いっぱいになっているときには、十二指腸は食べものを送らないように胃に合図を送ります。 (消化器系の概要も参照のこと。) 十二指腸は、膵臓(すいぞう)から分泌される膵酵素と、肝臓と胆嚢(たんのう)から分泌される胆汁を受け取ります。この2種類の消化液はオッディ括約筋と呼ばれる開口部を通って... さらに読む のがんで最も一般的な種類は腺がんです。腺がんは小腸粘膜の腺細胞に生じるがんです。小腸にクローン病 クローン病 クローン病は、炎症性腸疾患の一種で、一般的には小腸の下部、大腸、またはその両方に慢性炎症が生じますが、炎症は消化管のどの部分にも現れる可能性があります。 正確な原因は分かっていませんが、免疫システムが正常に機能していないことでクローン病が起こる可能性があります。 典型的な症状としては、慢性の下痢(血性となることもある)、けいれん性の腹痛、発熱、食欲不振、体重減少などがあります。... さらに読む クローン病 がある場合は、腺がんが発生する可能性が高まります。

まれなタイプの小腸がん

リンパ腫 リンパ腫の概要 リンパ腫とは、リンパ系および造血器官に存在するリンパ球のがんです。 リンパ腫は、リンパ球と呼ばれる特定の白血球から発生するがんです。この種の細胞は感染を防ぐ役割を担っています。リンパ腫は、Bリンパ球やTリンパ球のいずれの細胞からも発生する可能性があります。Tリンパ球は免疫系の調節やウイルス感染に対する防御に重要です。Bリンパ球は抗体を産生... さらに読む リンパ腫の概要 (リンパ系のがん)は、小腸の中間部(空腸)または下部(回腸)に発生します。リンパ腫が発生するとその部分が硬く、長くなることがあります。セリアック病 セリアック病 セリアック病は、小麦や大麦、ライ麦に含まれるタンパク質のグルテンに対する遺伝性の不耐症であり、小腸の粘膜に特徴的な変化を起こし、吸収不良が生じます。 タンパク質のグルテンの摂取後に、腸の粘膜に炎症が生じます。 症状としては、成人では下痢、低栄養、体重減少などがあります。 小児でみられる症状としては、腹部膨満、非常に強い悪臭がする大量の便、成長不良などがあります。 診断は、典型的な症状と小腸の粘膜から採取した組織サンプルの検査結果に基づい... さらに読む セリアック病 がありその治療を受けていない場合に、このがんが多くみられます。化学療法と放射線療法は、症状のコントロールと、ときに生存期間の延長に役立ちます。

平滑筋肉腫(平滑筋の細胞から発生するがん)は、小腸壁にできることがあります。手術で平滑筋肉腫を切除した後に化学療法を行うと、生存期間がわずかに延びることがあります。

カポジ肉腫 カポジ肉腫 カポジ肉腫は皮膚がんの一種で、複数の平坦な皮疹または隆起が皮膚にでき、ピンク色、赤色、または紫色をしています。原因はヒトヘルペスウイルス8型(HHV-8)感染症です。 足の指や脚に1つまたは少数の斑点が現れる場合があり、またあらゆる部位の皮膚や口腔内または陰部にも現れる場合があり、内臓を含む他の部位に転移します。 このがんは外観から確認できることが多いですが、通常は生検も行います。... さらに読む カポジ肉腫 は、内臓を侵すことがある皮膚がんの一種で、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染に起因するエイズ患者に発生することがあります。カポジ肉腫は消化管のあらゆる部位で発生しますが、通常は胃、小腸、または結腸に発生します。このがんが消化管に症状を引き起こすことは通常ありませんが、出血、下痢、腸重積 腸重積 腸重積は、スライドさせて伸ばす望遠鏡のように、腸の一部が別の部分の中にすべり込む病気です。はまり込んだ腸の一部は腸を閉塞させ、血流を遮断します。 腸重積の原因は分かっていません。 症状は突然発生する腹痛と嘔吐の発作などで、1時間に数回にわたり現れたり消えたりして、その後に血便がみられることもあります。 空気注腸を行うと診断を確定でき、治療にもなります。 手術が必要になることもあります。 さらに読む (スライドさせて伸ばす望遠鏡のように、腸の一部が別の部分の中にすべり込んだ状態)が発生することがあります。カポジ肉腫の治療法は、がんの部位によって異なりますが、手術、化学療法、放射線療法などが行われます。

症状

診断

  • ゾンデ法による小腸造影検査

  • 内視鏡検査

  • ビデオカプセル内視鏡検査

一般的に、ゾンデ法による小腸造影検査が行われます。この検査では、鼻から挿入したチューブを通して大量のバリウム液を流し込み、それが消化管を通る様子をX線撮影します。ときには単純X線撮影の代わりにCT CT検査とMRI検査 CT検査( CT(コンピュータ断層撮影)検査)とMRI検査( MRI(磁気共鳴画像)検査)は、腹部臓器の大きさや位置を調べるのに適しています。さらに、これらの検査では悪性腫瘍(がん)や良性腫瘍(がんではない腫瘍)もしばしば検出されます。血管の変化も検出できます。虫垂や憩室などの炎症も通常は明確に分かります。ときに、X線照射や手術のガイド役としてこれらの検査を用いることもあります。... さらに読む を用いてこの検査を行う場合もあり、その場合は鼻からチューブを挿入せず、バリウムを飲むだけで済みます。

内視鏡(観察用の柔軟な管状の機器― 内視鏡検査 内視鏡検査 内視鏡検査とは、柔軟な管状の機器(内視鏡)を用いて体内の構造物を観察する検査です。チューブを介して器具を通すことができるため、内視鏡は多くの病気の治療にも使うことができます。口から挿入する内視鏡検査では、食道(食道鏡検査)、胃(胃鏡検査)、小腸の一部(上部消化管内視鏡検査)が観察できます。肛門から挿入する内視鏡検査では、直腸(肛門鏡検査)、大腸下部と直腸と肛門(S状結腸内視鏡検査)、大腸全体と直腸と肛門(大腸内視鏡検査)が観察できます。... さらに読む )を口から挿入して十二指腸と空腸の一部(小腸の上部と中央部)まで移動させて腫瘍の位置を確認し、生検(組織サンプルを採取して顕微鏡で調べる検査)を行うことがあります。大腸内視鏡(下部消化管の観察と治療に使用される内視鏡)を肛門から挿入して、大腸を通って回腸まで移動させることで、回腸(小腸の下部)の腫瘍を発見できることもあります。

ときに、小腸の腫瘍を特定するために、試験開腹が必要なこともあります。

治療

  • 手術による摘出

ほとんどのタイプの小腸がんで、最良の治療は手術による腫瘍の切除です。

内視鏡で腫瘍が確認できる場合は、腫瘍に電流を通したり(電気焼灼術[しょうしゃくじゅつ])、熱を当てたり(熱による除去)、または高エネルギーの光線を照射したり(レーザー光線療法)して除去することもできます。

手術後に化学療法と放射線療法を行っても生存期間は延長できません。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP