Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

インスリノーマ

執筆者:

Elliot M. Livstone

, MD, Sarasota Memorial Hospital, Sarasota, FL

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

インスリノーマは、血液中のグルコース濃度(血糖値)を低下させるホルモンであるインスリンを分泌する、膵臓のまれな腫瘍です。

  • この種の腫瘍は、 インスリンを作っている膵臓の細胞から発生します。

  • 低血糖に起因する症状として、気が遠くなる、筋力低下、頭痛、錯乱などがあります。

  • 診断では血液検査や画像検査などを行います。

  • 治療としては手術のほか、ときに化学療法を行います。

インスリノーマは膵内分泌腫瘍の一種です。悪性のインスリノーマは10%にすぎません。診断時の平均年齢は50歳です。

症状

インスリノーマの症状は血糖値が下がること(低血糖)によって生じるもので、低血糖は数時間食事をとっていないとき(多くは夕飯後何も食べなかった日の翌朝)に起こります。具体的な症状としては、気が遠くなる、筋力低下、振戦、動悸、発汗、神経過敏、強い空腹感などがあります。その他の症状として、頭痛や錯乱、視覚障害、不安定感、著しい人格変化などがあります。低血糖が続けば意識を失ったり、けいれん発作や昏睡状態につながることさえあります。

診断

  • 血液検査

  • 画像検査

インスリノーマの診断は困難なことがあります。患者に症状が現れている間に血液検査を行うようにします。血液検査では、血糖値と インスリン値の測定などを行います。血糖値が非常に低く、 インスリン値が高いと、インスリノーマが疑われます。患者の多くはときおりしか症状が出ないため、入院してもらうことがあります。病院では、少なくとも48時間、ときには最長72時間絶食をして綿密なモニタリングを行います。通常はこの間に症状が現れ、血液検査を行って血糖値と インスリン値を測定します。

血液検査でインスリノーマがあることが疑われれば、次にその位置を特定する必要があります。超音波内視鏡検査(内視鏡の先端につけられた超音波プローブにより消化管の内層がより鮮明に示される)やPET検査などの画像検査を使って腫瘍の位置を特定することができますが、試験開腹が必要になる場合もあります。

治療

  • 手術による摘出

  • ジアゾキシドやときにオクトレオチド

  • ときに化学療法

インスリノーマの主な治療法は手術による切除で、治癒率は約90%です。

インスリノーマが完全に切除できずに症状が続く場合は、ジアゾキシドやときにオクトレオチドなどの薬が血糖値が低下しすぎるのを防ぐのに役立ちます。腫瘍のコントロールに化学療法薬が役立つことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP