Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肝臓

執筆者:

Atenodoro R. Ruiz, Jr.

, MD, The Medical City, Pasig City, Metro-Manila, Philippines

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肝臓は大型の臓器で、いくつかの機能を備え( 肝臓)、その一部だけが消化に関係しています。

消化器系の概要も参照のこと。)

肝臓の位置

肝臓の位置

食物中の栄養素は腸壁へと吸収され、腸壁には微細な血管(毛細血管)が豊富に存在しています。毛細血管は吸収した栄養素を静脈に運び、静脈はより太い静脈へと合流して、最終的には門脈として肝臓に入ります。

門脈から入ってきた血液は、以下の2通りの方法で処理されます。

  • 腸から吸収された細菌やその他の異物の粒子が血液から取り除かれます。

  • 腸から吸収された多くの栄養素がさらに分解され、体内で利用できるようになります。

肝臓は必要な処理を高速で行い、栄養素の豊富な血液を全身の血液循環に送っています。

肝臓では体内のコレステロールの約半分が作られています。残りの半分は食物から吸収されます。肝臓でつくられるコレステロールのおよそ80%が胆汁の産生に使われます。肝臓は胆汁を分泌し、胆汁は必要になるまで胆嚢で貯蔵されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP