Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

大腸

執筆者:

Atenodoro R. Ruiz, Jr.

, MD, The Medical City, Pasig City, Metro-Manila, Philippines

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

大腸は以下の部分で構成されています。

  • 盲腸と上行(右)結腸

  • 横行結腸

  • 下行(左)結腸

  • S状結腸(直腸と接続)

消化器系の概要も参照のこと。)

盲腸は、上行結腸の始まりの部分にある、小腸と大腸がつながる場所です。盲腸からは虫垂が突き出ていて、虫垂は指のような形をした小さな管状の部分で、特に機能は知られていません。大腸は粘液を分泌し、便から水分を吸収する役割の大半を果たしています。

大腸の位置

大腸の位置

腸の内容物は大腸に到達した時点では液状ですが、正常な場合は便として直腸に到達するときには固体になっています。大腸にはたくさんの細菌が生息していて、腸の内容物のいくつかの成分をさらに分解し、ガスを発生させます。大腸の細菌は、血液凝固に重要な役割を果たすビタミンKなど、重要な物質もいくつか産生しています。これらの細菌は健康な腸の機能のために必要なもので、一部の病気や抗菌薬によって大腸内で細菌の種類のバランスが崩れることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP