Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

CT検査とMRI検査

執筆者:

Walter W. Chan

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2014年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

CT検査( CT(コンピュータ断層撮影)検査)とMRI検査( MRI(磁気共鳴画像)検査)は、腹部臓器の大きさや位置を調べるのに適しています。さらに、これらの検査では悪性腫瘍(がん)や良性腫瘍(がんではない腫瘍)もしばしば検出されます。血管の変化も検出できます。虫垂や憩室などの炎症も通常は明確に分かります。ときに、X線照射や手術のガイド役としてこれらの検査を用いることもあります。

消化管のCT検査では通常、造影剤(X線画像に写る物質)を投与して、1つの組織または構造を周囲のものと区別しやすくします。造影剤の投与法には、経口投与、静脈内投与、注腸などがあります。

CT小腸造影

この検査では、小腸の内面が鮮明に観察でき、腫瘍や出血がないか調べることができます。この検査を受ける場合、バリウムなどの液体の造影剤を飲みます。

CTコロノグラフィー

この検査(バーチャルコロノグラフィーとも呼ばれる)では、結腸の2次元画像と3次元画像が作成され、腫瘍や他の問題が明らかになる可能性があります。結腸がんのスクリーニング検査として大腸内視鏡検査の代わりにこの検査を用いる医師もいます。この検査では、造影剤を服用し、直腸に挿入したチューブからガスを注腸して結腸を膨らませます。検査前には、通常の大腸内視鏡検査で必要なものと同様の下剤投与や浣腸を行って便を完全に取り除きます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP