Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

CT検査とMRI検査

執筆者:

Walter W. Chan

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2014年 4月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

CT検査( CT(コンピュータ断層撮影)検査 CT(コンピュータ断層撮影)検査 CT検査では、X線源とX線検出器が患者の周りを回転します。最近の装置では、X線検出器は4~64列あるいはそれ以上配置されていて、それらが体を通過したX線を記録します。検出器によって記録されたデータは、患者の全周の様々な角度から撮影された一連のX線画像であり、直接見ることはできませんが、検出器からコンピュータに送信され、コンピュータが体の2次元の断面のような画像(スライス画像)に変換します。(CTとはcomputed... さらに読む CT(コンピュータ断層撮影)検査 )とMRI検査( MRI(磁気共鳴画像)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査は、強力な磁場と非常に周波数の高い電磁波を用いて極めて詳細な画像を描き出す検査です。X線を使用しないため、通常はとても安全です。 患者が横になった可動式の台が装置の中を移動し、筒状の撮影装置の中に収まります。装置の内部は狭くなっていて、強力な磁場が発生します。通常、体内の組織に含まれる陽子(原子の一部で正の電荷をもちます)は特定の配列をとっていませんが、MRI装置内で生じるような強力な磁場の中に置かれると、磁場... さらに読む MRI(磁気共鳴画像)検査 )は、腹部臓器の大きさや位置を調べるのに適しています。さらに、これらの検査では悪性腫瘍(がん)や良性腫瘍(がんではない腫瘍)もしばしば検出されます。血管の変化も検出できます。虫垂や憩室などの炎症も通常は明確に分かります。ときに、X線照射や手術のガイド役としてこれらの検査を用いることもあります。

消化管のCT検査では通常、造影剤(X線画像に写る物質)を投与して、1つの組織または構造を周囲のものと区別しやすくします。造影剤の投与法には、経口投与、静脈内投与、注腸などがあります。

CT小腸造影

この検査では、小腸の内面が鮮明に観察でき、腫瘍や出血がないか調べることができます。この検査を受ける場合、バリウムなどの液体の造影剤を飲みます。

CTコロノグラフィー

この検査(バーチャルコロノグラフィーとも呼ばれる)では、結腸の2次元画像と3次元画像が作成され、腫瘍や他の問題が明らかになる可能性があります。結腸がんのスクリーニング検査として大腸内視鏡検査の代わりにこの検査を用いる医師もいます。この検査では、造影剤を服用し、直腸に挿入したチューブからガスを注腸して結腸を膨らませます。検査前には、通常の大腸内視鏡検査で必要なものと同様の下剤投与や浣腸を行って便を完全に取り除きます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP