Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

超音波検査

執筆者:

Walter W. Chan

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2014年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

超音波検査では、超音波を用いて内臓の画像を描き出します( 超音波検査)。超音波検査により、肝臓や膵臓(すいぞう)など多くの内臓の形や大きさが確認でき、嚢胞(のうほう)や腫瘍などの内臓の中の異常部位も発見できます。また、腹腔内の液体(腹水)も確認できます。腹壁にプローブを当てる超音波検査は、消化管の粘膜や壁を調べる方法としては不適切です。しかし、超音波内視鏡検査の場合は、内視鏡の先端にプローブがあるため、消化管壁や一部の腹部臓器がより明確に映し出されます。

超音波検査は痛みを伴わない検査法であり、合併症を起こすリスクはありません。ただし、超音波内視鏡検査の場合は、内視鏡検査と同じ合併症のリスクがあります( 内視鏡検査)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP