Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

腹腔鏡検査

執筆者:

Walter W. Chan

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2014年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

腹腔鏡検査とは内視鏡( 内視鏡検査)による腹腔内の検査のことで、通常は全身麻酔( 全身麻酔)をかけて行われます。適切な部分の皮膚を消毒薬で洗浄した後、小さく切開します(通常はへそ)。次に、内視鏡を腹腔に挿入します。腹腔鏡検査では、腹腔内のほぼすべての臓器を観察でき、腫瘍やその他の異常を調べたり、組織のサンプルを採取したり、手術を行うことさえ可能です。この検査の合併症としては、出血、感染症、穿孔(せんこう)などがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP