Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

消化管への挿管

執筆者:

Walter W. Chan

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2014年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

消化管への挿管は、合成樹脂でできた柔軟な細いチューブ(経鼻胃管)を、鼻または口から胃や小腸の中へと挿入するものです。この処置は診断目的でも、治療目的でも用いられます。挿管は一般的に吐き気を引き起こすため、通常は鼻やのどの奥に麻酔薬のスプレーを噴霧します。目的に応じてチューブの長さや太さを変えます。

経鼻胃管は胃液のサンプル採取のために用いることができます。チューブは口ではなく鼻から入れますが、主な理由は鼻から入れた方がうまく食道に入りやすいためです。また、鼻から入れた方が刺激が少なく、せきも起こりにくいためです。医師は胃内部での出血の有無を判断したり、胃の分泌物の酸性度、酵素、その他の特性を分析したりできます。患者に中毒が生じている場合は、胃液のサンプルを分析して毒を特定することができます。ときに、サンプルを数時間かけて採取できるように、チューブを挿入したままにすることがあります。

また、経鼻胃管挿入を行って、特定の病気を治療することもあります。例えば、胃内の毒物を排出したり活性炭で中和したり、食べものを飲み込めない患者に流動食を与えたりします。

経鼻胃管挿入は胃の内容物を継続的に除去するために行われることもあります。チューブの末端には通常は吸引装置が取り付けられ、その装置で胃からガスや液体を除去します。これは、消化器系に閉塞やその他の機能障害がある場合に、消化管内の圧力を軽減するのに役立ちます。腹部の手術後、消化器系の機能が正常に戻るまでの間は、この種の経鼻胃管がよく用いられます。

経鼻腸管挿入では、さらに長いチューブを鼻から挿入し、胃を通過して小腸に入れます。この処置は、小腸内容物のサンプルを採取したり、液体を継続的に除去したり、食べものを与えたりすることに利用できます( 経管栄養)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP