Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

消化器の病気の診断に関する序

執筆者:

Walter W. Chan

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2014年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

消化器(胃腸)系の病気を消化器疾患といいます。消化器疾患には、消化器系の複数の個所に同時に起こるものもあれば、その一部や1つの臓器だけに起こるものもあります。

病歴聴取、身体診察( 消化器の病気に関する病歴聴取と身体診察)、該当する場合は心理学的評価( 消化器の病気に関する病歴聴取と身体診察 : 心理学的評価)での所見に基づいて、医師は最も適切な検査法を選択します。消化器系に対する検査は、内視鏡(内部構造の観察や体内の組織サンプルの採取に用いられる観察用の柔軟な管状の機器― 内視鏡検査消化管への挿管腹腔鏡検査)、X線撮影( X線検査)などの画像技術( CT検査とMRI検査)、超音波( 超音波検査)、ごく少量の放射性物質( 核医学検査)、ビデオカプセル内視鏡( ビデオカプセル内視鏡検査)、注射針( 穿刺)、圧力計( 内圧検査(マノメトリー))、化学的測定器具( 酸および逆流に関係する検査便潜血検査)を利用して行われます。これらの検査法は、異常のある場所の特定や診断の確定に役立ち、ときに治療に役立つこともあります。先に消化管からの便の除去や8~12時間の絶食が必要な検査もあれば、準備の必要がない検査もあります。

診断用検査は、特定の病気の有無を判定する際に非常に有用な可能性がありますが、かなり費用がかかる場合もあり、まれですが出血や損傷を引き起こすこともあります。検査のリスクと有益性について医師と話し合うことが大切です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP