Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

消化器の病気に関する病歴聴取と身体診察

執筆者:

Walter W. Chan

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2014年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

通常は、病歴聴取と身体診察の結果に基づいて、消化器疾患の有無が判断できます。その後医師は、診断の確定、病気の範囲や重症度の判定、治療の計画に役立つ適切な処置を選ぶことができます。

病歴聴取

医師は、問診で病歴を確認し、さらに詳しい情報を得るために具体的な質問をすることで、症状を特定します。例えば、腹痛がある患者に対しては、最初に「どのような痛みですか」と尋ねることがあります。この後に、「食後に痛みが和らぎますか」や「体を折り曲げると痛みが強くなりますか」といった質問を続けることもあります。

身体診察

医師はまず、腹部を様々な角度から観察して、腹壁の腫れ(膨隆)がないか確認し、膨隆がある場合は、臓器の異常な成長や腫大を伴っている可能性があります。腹部に聴診器をあて、腸内を内容物が移動する正常な音や、それ以外に異常な音がしないかを聴きます。医師は触診を行って、腹部に圧痛、異常なかたまり、臓器の腫大がないかを調べます。腹部をやさしく圧迫することで生じる痛みや、圧迫をやめたときに強くなる痛み(反跳痛)があれば、腹腔の内面に炎症やときに感染症が起きていることが疑われます(腹膜炎)。

手袋をはめた指で肛門と直腸の診察が行われ、少量の便のサンプルを検査して見た目では分からない血液(潜血)が便に混じっていないか確認することがあります。女性では、内診が消化器系の問題か婦人科系の問題かの区別に役立つことがよくあります。

心理学的評価

消化器系と脳は高度の相互作用を有するため( 心と体の相互作用)、消化器の問題を評価する際に心理学的評価が必要になることがあります。この場合、消化器の問題が気のせいや仮病によるものであるという意味ではありません。むしろ、消化器の問題は不安や抑うつ、その他の治療可能な精神障害の結果として起こることがあます。このような病気は、消化管の収縮の活発さや、このような感覚に対する感受性に影響を与える可能性があります。心理的要因は、消化器疾患の症状を有する人のうち、50%もの場合に関与していると考えられます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP