Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

核医学検査

執筆者:

Walter W. Chan

, MD, MPH, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2014年 4月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

核医学検査は、無害の放射性物質を用いた検査です( 核医学検査 核医学検査 核医学検査では、放射性核種を用いて画像を描出します。放射性核種は不安定な原子で、エネルギーを放射線の形で放出することで安定した原子になろうとする性質があります。放射性核種の多くは高いエネルギーをガンマ線(人の手によらない、自然環境で発生するX線)または粒子(陽電子放出断層撮影で使用される陽電子など)の形で放出します。 放射性核種は、甲状腺などの特定の臓器の病気を治療するのにも使用されます。... さらに読む )。放射性物質は、飲食物の一部として摂取するか、または静脈内に投与されます。これらの放射性物質から発生する少量の放射線を用いて、体内構造の画像が作成されます。放射性物質を体内に入れた後に、放射線を検出する特殊なスキャナーやカメラ(ガンマカメラと呼ばれる)を用いて、放射性物質がどこにあるかを写します。目的や画像の作成が必要な部位に応じて、様々な放射性物質を用いた様々な種類の検査が行われます。

胃排出シンチグラフィーは、胃排出の速度を測定するために行われます。胃排出が不良または遅い場合は、胃不全麻痺と呼ばれる病気で、吐き気、嘔吐、少し食べただけで満腹感を覚えるなどの症状がみられることがあります。この検査では、少量の放射性物質を含む飲みものや食べものを摂取します。その後、ガンマカメラを用いて放射性物質が胃を通過する速度を観察します。このカメラにより、胃不全麻痺や閉塞の有無が分かります。この検査では閉塞と胃不全麻痺が区別できないため、胃排出が遅い場合はさらなる検査が行われます。この検査は、消化管運動機能改善薬の効果をモニタリングする場合にも役立ちます。メトクロプラミドやエリスロマイシンなどの消化管運動機能改善薬は、食べものが胃と腸を通過する動きを促進します。

出血シンチグラフィーは、消化管内の出血部位を特定するためにときおり行われます。この検査では、放射性物質を赤血球や他の物質に結合させて、血液中へ注入します。ガンマカメラによって、放射性で標識した赤血球が腸から漏れている腹部の場所が分かり、出血部位が示唆されます。この検査は、主に消化管に活発な出血がみられる場合や、内視鏡検査があまり適さない場合に有用です。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP