Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

消化器症状の概要

執筆者:

Norton J. Greenberger

, MD, Brigham and Women's Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 5月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

消化器(胃腸)系の病気を消化器疾患といいます。消化器疾患には、消化器系の複数の個所に同時に起こるものもあれば、その一部や1つの臓器だけに起こるものもあります。

以下のような一部の症状は、通常は何らかの消化器疾患を示唆しています。

腹痛 急性腹痛 腹痛はよく起こりますが、多くの場合軽度です。しかし、強い腹痛が急に起きた場合は、ほとんどが重大な問題であることを示しています。このような腹痛は、手術が必要なことを示す唯一の徴候であるかもしれず、速やかに診察を受ける必要があります。乳幼児や高齢者、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者、免疫系を抑制する作用のある薬を使用中の患者では、腹痛には... さらに読む 慢性腹痛と反復性腹痛 急性腹痛 腹痛はよく起こりますが、多くの場合軽度です。しかし、強い腹痛が急に起きた場合は、ほとんどが重大な問題であることを示しています。このような腹痛は、手術が必要なことを示す唯一の徴候であるかもしれず、速やかに診察を受ける必要があります。乳幼児や高齢者、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染者、免疫系を抑制する作用のある薬を使用中の患者では、腹痛には... さらに読む も参照)、放屁 ガス 正常な状態でもガスは消化器系内に存在し、これらは口から排出されたり(げっぷ)、肛門から排出されたり(放屁)します。 ガスが関連する症状には主に以下の3つがあります。 過度のげっぷ(おくび) 腹部膨満(膨隆) 過度の放屁(口語では「おなら」) さらに読む (鼓腸)、食欲不振 食欲不振 食欲不振(食欲減退)には空腹感がないという意味があり、食欲不振の人にはものを食べたいという欲求がありません。対照的に、神経性やせ症や神経性過食症などの摂食障害がある人は、空腹感があるにもかかわらず、体重増加を気にし過ぎて食事を制限したり食後に嘔吐したりします。 短期間の食欲不振は、ほぼすべての急性疾患に伴って起こるのが通常です。一方、長期... さらに読む しゃっくり しゃっくり しゃっくりは、横隔膜の不随意のけいれんの後に声門が音を立てて素早く閉じることが繰り返し起こるものです。横隔膜は腹部と胸部を仕切っている筋肉で、1回1回の呼吸を起こす働きがあります。声門は、声帯間の開口部で、これが閉じることで肺への空気の流れを遮断します。しゃっくりは、男性に多くみられます。... さらに読む 、吐き気などのより一般的な症状があれば、消化器疾患も他の種類の病気も疑われます。胸痛や背部痛 胸痛と背部痛 胸の中央部や背中の上部の痛みは、食道の病気または心臓や大動脈の病気( 胸痛)に起因することがあります。症状は類似していることがあります。胃酸が食道内に湧き上がって起こる胃食道逆流症(GERD)は、胸骨の下に灼熱感や圧迫感を起こすことがあり、これらは心疾患による痛みと似ています。食道のけいれんやその他の食道の筋肉障害は重度の絞扼(こうやく)... さらに読む があれば、通常は他の種類の病気が疑われますが、ときには消化器の病気により発生することがあります。

消化不良 消化不良 消化不良では、上腹部の痛みや不快感が生じます。その感覚は、ガスがたまった感じ、膨満感、差し込むようなまたは焼けつくような痛みと表現されることもあります。膨満感は、少量の食事後に発生したり(早期満腹感)、通常量の食事の後に過度に生じたり(食後の膨満感)することもあれば、食事に関連しないこともあります。重度の腹部不快感について詳しくは、... さらに読む という用語は、人によって異なる意味で使われるあいまいな言葉です。消化不良 消化不良 消化不良では、上腹部の痛みや不快感が生じます。その感覚は、ガスがたまった感じ、膨満感、差し込むようなまたは焼けつくような痛みと表現されることもあります。膨満感は、少量の食事後に発生したり(早期満腹感)、通常量の食事の後に過度に生じたり(食後の膨満感)することもあれば、食事に関連しないこともあります。重度の腹部不快感について詳しくは、... さらに読む 吐き気と嘔吐 成人の吐き気と嘔吐 吐き気は、嘔吐しそうな不快感です。めまい、腹部の漠然とした不快感、食欲不振を感じることもあります。 嘔吐とは、胃の強い収縮によって、胃の内容物が食道に押し上げられて口から出ることです。(乳児と小児の嘔吐も参照のこと。)嘔吐すると胃が空になり、少なくとも一時的には吐き気がかなり治まることがよくあります。嘔吐は極めて不快で、激しいことがありま... さらに読む 逆流 逆流と反芻 逆流とは、吐き気がなく、腹部の筋肉も強く収縮させていないのに、食道や胃から食べものを吐き戻すことです。反芻(はんすう)とは、明らかな身体的原因がない逆流のことです。 正常であれば、胃と食道の間にある輪状の筋肉(括約筋)が逆流の防止を助けています。胃から酸が湧き上がってくることにより、酸っぱい味や苦い味がする物質の逆流が起こることがあります... さらに読む のどにしこりがある感覚 のどのしこり 実際にはないにもかかわらず、のどにしこりまたは腫瘤があるように感じることがあります。この感覚が飲み込みに関連していない場合、球感覚またはヒステリー球(ヒステリーになっているという意味ではありません)と呼ばれます。この感覚とともに飲み込みにくさも感じる場合は、 嚥下困難を参照してください。... さらに読む (球感覚)などの様々な症状を含んでいます。

腸の機能は、人によって大きく異なるばかりでなく、同じ人でもそのときどきで異なります。ほとんどの人は、朝に排便するのが最も容易だと感じます。便意は朝の最初の食事から約30~60分後に最も強くなる傾向があります。腸の機能は、年齢、食事の内容、ストレス、薬、病気、さらには社会的、文化的習慣によっても影響を受けます。ほとんどの欧米社会では、正常な排便回数は1週間に2~3回から多ければ1日に2~3回までの範囲です。排便の回数、便の硬さや量に変化がある場合や、血液、粘液、膿、過剰な脂肪分が便に混じっている場合は、病気がある可能性を示しています。ときに排便がコントロールできなくなることがあります( 便失禁 便失禁 便失禁とは、排便をコントロールできなくなることです。 便失禁は、下痢発症時に一時的に起こる場合や、直腸に硬い便が滞留して(宿便)起こる場合があります。肛門や脊髄の損傷、直腸脱(直腸粘膜が肛門から外に脱出)、認知症、糖尿病による神経の損傷、肛門腫瘍、出産時の骨盤の損傷がある人は、持続的な便失禁を起こすことがあります。... さらに読む )。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP