Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

便失禁

執筆者:

Norton J. Greenberger

, MD, Brigham and Women's Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

便失禁とは、排便をコントロールできなくなることです。

原因

便失禁は、下痢発症時に一時的に起こる場合や、直腸に硬い便が滞留して(宿便)起こる場合があります。肛門や脊髄の損傷、直腸脱(直腸粘膜が肛門から外に脱出)、認知症、糖尿病による神経の損傷肛門腫瘍、出産時の骨盤の損傷がある人は、持続的な便失禁を起こすことがあります。

評価

医師は患者を診察し、構造上の異常や神経学的異常がないか確認します。この際、肛門と直腸の診察、肛門周囲の感覚範囲の確認と、通常はS状結腸内視鏡検査を行います。肛門括約筋の超音波検査、MRI(磁気共鳴画像)検査、骨盤の内側の神経や筋肉の機能の検査など、他の検査が必要になることもあります。

治療

便失禁を治す最初のステップは、よく固まった便を出す規則的な排便パターンを確立しようとすることです。少量の食物繊維を加えるといった食事の変更もしばしば役立ちます。食事の変更で改善がみられない場合は、ロペラミドなどの排便を遅くする薬でうまくいく場合があります。

肛門括約筋の収縮と弛緩を繰り返す訓練を行うと、括約筋の緊張度と筋力が高まります。バイオフィードバック法と呼ばれる技法を用いると、肛門括約筋を再訓練し、便の存在に対する直腸の感受性を高めることができます。前向きに取り組む患者の約70%で、バイオフィードバック法が有益です。

便失禁が続く場合は手術が役立つこともあり、これは例えば、肛門の損傷や肛門の解剖学的異常が原因の場合です。最後の手段として、人工肛門造設術(大腸と腹壁をつなぐ開口部をつくる手術― 人工肛門造設術について理解する)が行われることがあります。肛門は縫い合わせて封鎖され、便は腹壁の開口部に取り付けた着脱可能なビニール袋の内に入ります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP