Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

憩室の病気の定義

執筆者:

Joel A. Baum

, MD, Icahn School of Medicine at Mount Sinai;


Rafael Antonio Ching Companioni

, MD, Digestive Diseases Center

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

憩室(けいしつ)の病気は、小さな風船のような袋(憩室)が消化管の特定の構造の層から突き出した状態を特徴とします。

憩室が発生する場所は、大腸(結腸)が群を抜いて最も多くなっています。結腸の内側の層が外側の筋層から突き出ると、憩室になります。

憩室は食道( 食道憩室)にもできることがありますが、胃にできることはまれです。メッケル憩室は、小腸に生じる憩室の病気としてよくみられます。これは出生時に新生児の約2~3%にみられます。

消化器系

消化器系

結腸に憩室がある状態を憩室症といいます。憩室症は中年期に発生する傾向があります。

憩室に炎症が起こったり感染が生じたりすると、憩室炎と呼ばれる病態になります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP